職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

コネ入社

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kubi

1: 2017/12/11(月) 12:02:29.980 ID:m6o9kXIYM
一部上場企業ってコネ無理なのかよ


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fact


1: 2016/05/14(土) 23:29:37.579 ID:tLQesSDA0
曾爺さん創業でなんだかんだ続いてます

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kubi

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/08(月) 09:02:48.93 ID:2Un+MYr/0.net
物凄い開放感と絶望感があるけどお前らこんなこと続けてたのか

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
hito

1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/23(木)18:51:19 ID:Dmdgqa0FD
ブラックかもしれんと心配してたが超絶ホワイトだった

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mensestsu

1: 名無しさん 2014/04/25(金)18:36:19 ID:ym92O03zK
ツライ。

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
think1

1: 逆落とし(埼玉県) 2013/12/05(木) 21:34:18.54 ID:vWSgBJEWP BE:1038542562-PLT(12050) ポイント特典
日本ではコネ入社に対して批判的な声が多く聞かれます。またお隣の韓国でもコネ入社に対しては世間から激しいバッシングが寄せられています。両国に共通しているのは、徹底した学歴社会であるという点です。日本ではいわゆる一流企業に入社できた人とそうでない人の間には、生涯年収などで圧倒的な差が付きます。

また転職市場が十分に整備されていないことから、最初に入った会社で人生のほとんどが決まってしまうという面が多分にあります。こうなってくると一流企業の社員であることは一種の特権となってしまいますから、それが学校の成績ではなく、コネで入社できたとなると、多くの人の反感を買うことになるわけです。

米国ではコネも実力のうち

一方、海外ではコネ入社があまり問題視されない国もあります。例えば米国では、日本のような新卒一括採用という文化がありません。学校を卒業すると、それぞれがツテをたどって紹介を受け、面接を受けて会社に入社していきます。父親の紹介で会社に入ることはそれほど恥ずかしいこととは認識されていません。

転職についても同様で、自分の上司が転職したのでそのまま付いて行くというパターンや、同業者の仲間に誘われるというパターンが多く、ある意味で多くの採用がコネで成立しています。米国ではコネを作ることも本人の実力と見なされており、人脈作りのためにパーティへの参加に必死になる米国人も少なくないのです。

先日、筆者が搭乗した飛行機では、見知らぬ米国人ビジネスマン同士が仲良くなり、お互いに採用候補者を紹介していました。いわゆる一流企業に入っても業績を上げられなければすぐクビになってしまいますから、一流企業の社員であることは特権になりません。このあたりもコネに寛容な理由のひとつといってよいでしょう。中国でもコネを使うのは当たり前と認識されており、地縁血縁者などの紹介が非常にモノを言う社会です。

http://thepage.jp/detail/20131205-00000003-wordleaf

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
think1

1: のーみそとろとろφ ★ 2013/12/05(木) 01:51:59.95 ID:???
民間企業の縁故採用を禁じる法律はない

「公務員の縁故採用については、国家公務員法・地方公務員法等に禁止規定があります。しかし、民間企業についてこのような規定は存在しません」

中村弁護士はこのように指摘する。民間企業の「縁故採用」を禁じる法律はないようだ。

「性別による差別(男女雇用機会均等法)や年齢による差別(雇用対策法)など、法律が禁じている採用差別に該当しない限り、各企業は、自らの裁量で従業員として採用する者を決めることができます(三菱樹脂事件最高裁判例参照)。

この結論は、憲法上民間企業に保障される営業の自由や、近代私法上の原則である契約自由の原則から導かれます」

どのような人物を採用するかに関しては、企業側の裁量が比較的幅広く認められているという。

一方、厚労省が企業に向けてウェブ上で公開している「採用のためのチェックポイント」では、基本的人権の尊重と並んで、「応募者の適性・能力のみを基準として採用選考を行うのが基本」と呼びかけているが……。

「厚労省はこのような呼びかけを行っていますし、家族の職業・勤務先等に関する情報を採用時に収集することは個人情報保護との関係でも問題となりますので、民間企業も縁故採用につながる情報収集を自ら進んで行うことは差し控えるケースが多いと思われます。

ただし、縁故採用にも取引先とのつながりを強めるなどの効果が見込まれることがあり、経営陣がこのような効果を重視した場合には、結果的に縁故採用が発生したとしても、これを違法と難じることは困難でしょう。

とはいえ、縁故採用ばかりとなると企業の活力が削がれることになるのも事実です。一部の民間企業では、社内規程や内規により、縁故採用を自主的に規制しているようです」

中村弁護士はこのように解説してくれた。

結局、今の日本では、「コネも実力のうち」と見なされているようだ。そういった実力をお持ちの方々が、会社で普段どんなお仕事をされているのか、機会があればじっくり聞いてみたいところではあるが……。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131201-00001010-bengocom-soci

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/01(日) 05:43:02.92 ID:YBYrYp210
どうせ海原雄山の名前を使ったんでしょ?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
150

1: コラット(WiMAX) 2013/05/26(日) 21:41:09.75 ID:fkaDFnb/0● BE:6135739889-PLT(12000) ポイント特典
内定もらえず努力放棄の学生増加 「コネ入社できる企業はないですか?」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130526/bsd1305261806004-n1.htm

【プロが教える就活最前線】

4月から本格化した就職活動が一段落したこの時期。内定塾にも相談の電話が多くかかってきます。当然、今まで何十社と選考を受け、残念ながら良い結果が得られていない学生がほとんどで、苦しい状況であるのは間違いないところです。しかし、この苦しい状況下でも学生は二極化し、顕著にその後の結果に差が出ているようです。

この二極化を生む要因は、取り組む姿勢の違いにあるようです。努力をせずに内定を獲得しようとする学生と、ひたむきに努力をして内定を獲得する学生です。それぞれのタイプをご紹介します。

Aさんは、今まで何社、何十社と選考に落ちたことで、自信をなくし、他人に頼ることしか考えない学生です。こういった学生は近年増えてきているように感じます。

・「コネで入社できる企業はないですか?」
・「どこの企業を受けたら良いですか?」
・「受かりやすい企業を教えていただけないですか?」

こういった質問を何度となく投げかけられます。Aさんは、自分自身で努力することを考えず、他人に頼ったり、「楽な方法」を模索したりしていました。このようなタイプのは、成長速度が遅いだけでなく、面接でも頑張っている姿が伝わらないので、なかなか結果が出にくいのは、当然と言えそうです。

一方、Bさんは、粘り強く選考を受け続ける学生です。何度も何度も選考に落ち続けているのにも関わらず、ひたすら企業へエントリーし続け、少しずつ成長していきます。そして、いつの日か大きな成果を生みます。

つづく

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
img_941158_33208406_0

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/09(火) 00:43:09.63 ID:vyw+qCRR0
同僚は東大卒 京大院卒 早稲田などのSラン
俺Dラン

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング