職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

シングルマザー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
musume

1:07/07(日) 10:31:38.85: LSI6RYAf00707
ワイ30歳 

向こうの子供5歳 
そのシングルマザーはめっちゃ可愛い。 

おまえらならどうする?

Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mama

1:12/02(日) 00:38:11.410:0w5QTR
私の時間なんてほとんど無い
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: 2016/07/21(木) 13:00:06.61 ID:aqYOnWTk
言い寄られてるんだ
いい人だなぁとは思うけど、やっぱりシングルマザーになるには相応の理由があるのかな?
本人曰く「元カレは妊娠しても結婚してくれなかった」らしいけど

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
singl

1: 2017/07/20(木) 02:49:32.811 ID:YHzM4gFZ0
初っぱなから遊園地やプールとか重いしなあ

ちなみに年末に籍入れる予定

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mig

1: ☆ばぐ太☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ば ぐ 太☆ Mkつーφ ★ 2013/08/08(木) 12:55:00.76 ID:???0
★「仕方ない」「つらい」生活保護引き下げ、受給者に不安

・2004年度以来となる生活保護費の引き下げを受け、さいたま市など県内自治体の多くで5日から減額支給が始まった。受給者は景気や雇用などの情勢を鑑みて「仕方ない」との声が上がる一方「減額が続くとつらい」と、今後の生活に不安をのぞかせている。

今回の引き下げは生活保護費のうち「生活扶助」が対象。食費や光熱費などに充てるものだが、夏場で光熱費が多くなりがちなこともあり、減額は生活を直撃する。

さいたま市大宮区の男性(77)は電気代を気にしてクーラーも最低限しか使わないという。それでも決して余裕はない。「これで消費税が上がったら、こたえるね」とぽつり。

支給が7千円減ったという同区のシングルマザーの女性(45)は「何てことをするんだというのが率直な思い。仕方ないとは思うけれど、この先も続くのはつらい」と話す。例年より厳しいやり繰りを強いられるため「夏休みなのにどこにも行けない三男(9)がかわいそう」とも口にした。

さいたま市によると、受給者へは先月下旬に今回の支給額を通知。支給開始日の5日は窓口での支給も行われたが、各区役所とも大きな混乱はなかったという。
 
病気などで就労できない利用者がいる一方で「早く自立をしたいが、なかなか仕事が決まらない」と話す男性(44)も。市は生活困窮者支援のため、ハローワークの「福祉・就労連携支援コーナー ジョブスポット」を厚労省埼玉労働局と共同で開設している。大宮、浦和、岩槻の区役所庁舎内に設置された同所では、昨年度、支援対象者1429人のうち、約4割に当たる560件が同所の紹介で就労した。

ハローワーク大宮の加藤裕一業務部長は「市と連携を取りながら、生活困窮者の自立や生活保護に至る前の就労支援をしていきたい」としている。
 http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/08/07/02.html
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: 【北陸電 82.4 %】 @関電φ ★ 2013/07/26(金) 19:05:36.07 P
かつては憐れみやさげすみの目で見られたこともある母子家庭。現在では偏見が解消されてきたとはいえ、シングルマザーは離婚してやむを得ず母子家庭となるケースがほとんどだ。ところが、自ら望んで未婚のまま出産する“選択的シングルマザー”も増加しているという。ジャーナリストの白河桃子氏が語る。

「未婚シングルマザーや事実婚の人が増えていると思います。日本の婚外子比率はずっと1%前後だったのですが、今では2%を超えました。増加の理由は『結婚しなければ子供を作ってはいけない』という世間の批判が薄くなってきたことが大きいと思います」

白河氏によれば、未婚シングルマザーには、大きく次の2つのパターンがあるという。

「1つめは、出産年齢ギリギリで、子供が欲しいという女性が、“経済的に余裕があるから”と、結婚を飛ばして出産するパターン。もう1つは若くして妊娠したけど相手の男性が信頼できず、“結婚するより離婚するほうが大変だから”という理由で結婚せずに出産するパターンです」(白河氏)

経済的に自立した女性が増え、女性の平均年収も1989年の235万8000円から、2011年には267万9000円にアップ。一方で収入の少ない男性も増え、

「結婚して子供を育てるだけの経済力がないために、相手が妊娠しても逃げ出してしまう男性も多く、それもシングルマザーを増やす一因になっています」

と白河氏は指摘する。女性たちが結婚よりも出産を急ぐようになった背景には、メディアの報道などによって「卵子の老化」という問題が一般に知られるようになったこともある。

「出産にはリミットがあるけど、結婚にはリミットがない。子供を欲しい女性は、順序にこだわる必要はないと思います」(白河氏)

リミットを迎える前に、子供を産みたい。そんな女性たちが求めるのは、男ではなく、“タネ”だけなのである。

「子宮が子供を欲している。誰でもいい」

と赤裸々に語るのは、Aさん(43)だ。彼女の年収は1800万円もあり、すでに東京・山手線内にマンションも購入している。これまで交際相手に不自由したことはないが、一方で結婚する必要性もまったく感じなかったという。

「ところが42歳になって、急に“子供だけは何がなんでも欲しい”と思うようになった。身体が欲しがるんですよ、子供を。脳が“子供を作れ”と指示してくるようなんです」(Aさん)

交際を始めたばかりの8歳年下の男性に「結婚も認知もしなくていいから、子供だけ授けてほしい」と懇願した。相手は「子供の面倒は絶対に見ないぞ」と断言したうえで、子作りに協力してくれているという。


ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20130726_201534.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング