職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

タブー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
moteru_otoko

1: 2018/05/04(金) 13:35:44.65 0
恋に乗り越えられない壁は無いのですか?


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: 2014/02/23 14:58:08 ID:4jtoEczTi
そりゃあ長髪とか金髪はダメとしてもパーマもダメとか
リクスー()じゃなきゃだめとか

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
27ILAM30

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/06(水) 10:46:20.58 ID:wZPPCx9g0
仕事の休憩中ラーメン持って行ってお湯入れようとしたら注意されたんだがお湯入れたりするだけは駄目なの?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: TEKKAMAKI(家) 2013/10/30(水) 09:53:27.17 ID:KqY64NY00 BE:780174162-PLT(12012) ポイント特典
日本では通用することも、一歩外に出てみれば失礼に当たることだってしばしば。失礼どころか、人格までをも問われてしまう場合だってあるみたい!

あなたが海外で恥ずかしい思いをしないためにも、必ず目を通しておきたいタブーな行動をいくつかご紹介します。

■韓国

●食器を手に持って食べるのは「マナーが良くない」と思われる
●料理を残さずに全部食べてしまうのはダメ(少し残すことは「満足いくまで食べました」という意味なのだそう)

■欧米

●スープはふうふうしない(きちんと適温で出てくる)
●トイレはノックしない(急げ、と伝えているようなもの)
●人の前にある塩などの調味料は勝手に取らない(手は伸ばさずに、「取ってください」と頼むのが礼儀)
●駄々をこねている子供を無理矢理連れて行く(子供の意思を尊重している欧米では、
無理矢理連れて行こうとする親は冷たい視線で見られるそう。「誘拐」だと思われるケースも!)
●外でのアルコールは逮捕(車の後部座席でもダメ)
●麺をすするのは「下品」な食べ方
つづく
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20131029-01028206-mynaviw

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
144

1: ケツすべりφ ★ 2013/08/18(日) 00:11:26.72 0
部下と上司の良い関係は簡単に築けるものではありません。上に立つ人ほど、部下に掛ける言葉を選びながらコミュニケーションをとることが大切になってきます。

【ビジネスシーンで使ってはいけないNGワード】

ふだん、何げなく使っている言葉がもしかすると部下対してNGとなる言葉かもしれません。それではNGな言葉とはどのようなものがあるのでしょうか?

■「ま、こんなもんか」「この程度だよね」

部下の仕事ぶりや結果を見て発せられる「こんなもんか」の言葉は、部下の頑張りを全否定する言葉です。部下の仕事ぶりに対して、明らかに妥協している、仕方なく、といった雰囲気が言葉の端ににじみ出ています。

精いっぱいやり遂げた仕事をこのように評価されれば、部下のやる気はどんどん失われていきます。このように否定する言葉を掛けるのではなく、「次はここをこうすればもっとよくなるよ」等、次につながるアドバイスをする方が、部下のやる気を維持できるでしょう。

■「お前に言ってもどうにもならない」「君に言ってもね…」

上司は上司にしかわからない問題や悩みがあるでしょう。しかし、だからと言って愚痴るかの
ように部下にこのような発言をするのはNGです。言われた方は上司にとって自分は信頼や評価が低いのだと感じ、プライドが傷ついていることもあります。こういった発言は知らぬ間に部下からの信頼を下げている可能性も。

■「○○君を見習いなさい」

上司としては、闘争心をたきつけようとしたのかもしれないこの言葉ですが、他の社員と比べる行為は、部下にとっては不快なものでしかありません。他人と比べることは時として必要なことですが、誰にでも向き不向きはありますし、ただ「見習え」と言われても、芽生えるのは闘争心ではなく上司への反発心だけでしょう。

■「だからお前は駄目なんだ」

こうした部下を否定し、頭ごなしに「駄目なやつ」と言って見下すような発言は、部下の恨みを買う典型的な言葉です。部下だって人間です。まるで自分を全否定されているようなこの言葉を掛けられた部下は、仕事への意欲をなくしてしまいます。いらない恨みを買って後々問題が起きても困りますし、こういった発言はしない方がよいでしょう。

■「もういいよ、後は私がやるから」

誰しも時に失敗はするもの。それはベテランと呼ばれるようになった人でもまれにあることです。まだ働き始めて日の浅い後輩や新人は特に、勝手がわからず失敗も多いのは当たり前のこと。

ですがそこで「もういいから」などと言って仕事を取り上げてしまってはいけません。言われた方は完全に自信を失ってしまいますし、役立たずのらく印を押されたような気分になってしまいます。

「もういい」といった後にフォローとして「こうしたらよかったんだよ」と教えてあげるのであればまだ良いですが、投げっぱなしにしてしまえば、部下も育たずあなたへの評価も下がる一方になるでしょう。

いかがでしたか?上司と部下は、上下関係はあれど同じ会社に勤める仲間です。円滑に仕事をすすめるためにも良好な関係を築くに越したことはありません。部下への言葉は慎重に選び、やる気をそがないよううまくコミュニケーションを取っていきましょう。

http://news.livedoor.com/article/detail/7961164/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング