職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

ノー残業デー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: フルネルソンスープレックス(東京都) 2014/01/16(木) 01:40:46.81 ID:u76CcEqJP BE:2740336676-PLT(12000) ポイント特典
中日新聞:「短時間で仕事」でも収益 残業ゼロのトリンプ:暮らし(CHUNICHI Web)
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014010302000004.html


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fo18-2

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/28(火) 11:30:31.68 ID:???
ソースは
http://diamond.jp/articles/-/36532

[1/2]
多くの企業が導入している「ノー残業デー」。

「残業するのが当たり前」の風潮がある日本において、「ノー残業デー」は「働き過ぎ」を回避するためのものとして導入されているが、実際は形骸化しているという指摘も絶えない。ビジネスパーソンが体験している「ノー残業デー」の実態とはどのようなものか?アンケートはキーマンズネットが2013年4月18日~24日にかけて実施。有効回答数は506。

■ノー残業デーに「飲み会」 無給で残業のような気分に

キーマンズネットは、勤務先に「ノー残業デー」制度が「ある」(71%)と答えた人、「ない」(29%)と答えた人両方からのコメントを掲載している。

まずは「ある」派のコメントから紹介しよう。

「堂々と帰れるので、残業日とメリハリがついて有効に活用しています。ただ、家事という仕事がまってます」(40代・男性)
「いつも夜遅くまで仕事しているので、ノー残業デーでたまに早く帰れる日があると、
幸せを何倍も感じられます」(50代・男性)
「月に2回はあります。仕事が立て込んでいるとき、猛スピードで仕事をこなす自分が
いとおしいです」(40代・女性)

このように前向きなコメントが寄せられたが、メリットを感じているという声はどちらかというと少数派のようだ。

多かったのは、「“ノー残業デー”という名前だけで実際は帰れない」という次のような意見。

「ノー残業デーに飲み会をよくやるので、無給で残業しているような気がします」
(20代・女性)
「アナウンスが流れるだけで、強制ではない。ただ、早く帰りたい、という空気にはなる」
(30代・男性)
「ノー残業デーに無給の社内教育がある、これって無意味」(40代・男性)
「制度はあってもペナルティがないので誰も守ってはいない」(50代・男性)
「管理職には適用されないので、定時後オフィスには管理職ばかりが残って仕事をしている
(50代・男性)

なかには、「『ノー残業デー』の日はそれを口実に帰れますが、逆にそれ以外の日はかえって帰りづらい雰囲気を感じます」(50代・男性)のように、本末転倒な意見も。

-続きます-

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング