images

1: ナガタロックII(家) 2013/09/18(水) 09:52:59.56 ID:zmlRlhD/0 BE:780174443-PLT(12012) ポイント特典
女性にとって、「フケたかも」という気づきは死活問題になることがあります。外見的なフケ、内面的なフケ等いろいろありますが、それに直面した場合は奈落の底に突き落とされたような気分に…。

今回は、そんなふうに女性が「フケたかも」と実感する瞬間を集めてみました。

1.目の下のクマのせいで「疲れてるの?」と心配された時

いつも通りメイクをして出かけたのに、友達に「なんか目の下のクマ、ひどいよ。疲れてるの?」と言われてしまった。全然疲れてないし元気なはずなのに、容赦なく現れるクマ。自分では気がつかなかったけど、周りの人から見たらそんなにひどいの…?第三者に指摘されたことによって、現実を突きつけられた感が増しますよね。そんなことを言われた日には、コンシーラーを求めてドラッグストアに一直線かも。

2.笑顔の写真にほうれい線と目尻のシワがくっきり写っていた時

友達とのスナップに、笑顔で写る自分の顔を見て驚愕。そこには立派なほうれい線と目尻のシワが!何これ…と鏡を見て確認すると、たしかにそれは存在している。ほうれい線と目尻のシワは、フケにつながる大きな要因の一つですよね。思わず、写真だけでも画像加工で隠してしまえー!と現実逃避に走りたくなります。

3.メイクを落とさずに寝た翌日肌がボロボロになっている時

眠気に負けて、メイクをしたまま夢の中へ。翌朝、メイクを落とすとそこには明らかにハリが失われ、荒れ放題になっている素肌が。たった1回クレンジングしなかっただけで、ここまでダメージを受けるなんて…。このダメージをどうやって修復しようと模索しつつ、“メイク落としは大切”という意味が身にしみてわかった瞬間です。

つづく
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130916-00000005-modelp


Sponsored Link
この続きを読む