enpitsu

1: 2018/08/18(土) 20:37:30.104 ID:HgBa8iou0 BE:396731329-BRZ(11111)
1位 日商簿記2級
攻守ともに優れている。社会人として最低限3級の知識がないとまともに仕事はできない。
大抵の会社ではこの資格を取ることに奨励金を出している場合がほとんど。
取得に掛かるのは1ヶ月程度で難易度の割には評価が高い

2位 危険物取扱者乙種(特に4類)
普通に生きていれば必要のない資格だが、この資格と大型免許と併せることでタンクローリー車が運転できるようになり
万が一、クビになっても高給を維持することが出来る。 概ね月40万~50万の求人が多い。
この資格だけでもセルフガソリンスタンドはコンビニ並にあるので食い扶持には困らない。 
1類でも何か取っていれば他の類で免除が受けられるので乙種コンプリートするのも容易。

3位 ITパスポート、基本情報技術者(旧初級システムアドミニストレータ)
IT化の進む現代ではITスキルは必須といえる。システムトラブルが起きた時におおよその原因を特定できれば復旧が早い。
情報の漏洩という見えない問題について怯えることが少なくて済むようになる。
この資格もまた、大抵の会社では奨励資格として会社から金が出る場合が多い。 

4位 第二種衛生管理者
法定で一定数必要とされる資格。大抵は管理職あるいはお局が取得する場合が多いが
意外に難易度が高く、管理職となるような年齢の頃には取得が難しくなる。
設置義務がある資格なので、取得していれば転職時に話題のタネとなる。


Sponsored Link
この続きを読む