images

1: ラダームーンサルト(徳島県) 2013/12/16(月) 11:12:02.73 ID:kYdgrNZh0 BE:1271436629-PLT(12061) ポイント特典
立場をわきまえ、適切な関係にあるべき受注側と顧客。しかし実際のビジネスの現場では、「お金を払っている」ということを盾に、受注側に高圧的な態度で理不尽な要求をする顧客、
いわゆる「モンスタークライアント」が少なからず存在するようです。具体的にどんな目にあったのか、みなさんの被害報告を元にタイプ別にご紹介します。

【モンスタータイプ1:スーパークレーマー型】
・「自分の子どもがこの会社の就職試験に落ちたのでもうこことは取引をやめる」と言ってきて大騒ぎになった(女性/金融・証券)
・細かいクレームをわざわざ手紙で郵送してくる(男性/金融・証券)
・福袋の中身が気に入らないと言って返品(女性/アパレル・繊維)
・メールが届いた、届いていないで揉めた。結局、相手方のミスだと分かったのだが、なぜか迷惑をかけたと謝るはめに(男性/情報・IT)
・不機嫌な顔をされたと因縁をつけられた(女性/金融・証券)

相手に落ち度があるわけでもないのに、理不尽なことで文句を言ってくるタイプ。製品への不満だけではなく、対応、スピード、状況、あらゆることに付け込んで、持論を展開した挙げ句、料金の支払いを拒否することも。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw880062


Sponsored Link
この続きを読む