職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

ヤマト運輸

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
jinsei

1:05/18(月)08:33:34: Sxi
条件がいいから
引っ越そうかな

Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kuronekoamazon

1: 2016/11/29(火) 21:29:14.538 ID:N2TUGOgFaNIKU
Amazon撤退
 日本郵便
 佐川急便
 西濃運輸
 ヤマト運輸 ←New

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_04

1: スノーシュー(埼玉県) 2013/07/05(金) 14:07:09.89 ID:eT4yxV8XP BE:2585142465-PLT(12001) ポイント特典
ヤマト最短4時間で配送

ヤマトホールディングスはきょう「バリュー・ネットワーキング」と銘打つ新たな物流構想を発表しました。

その一つが、企業の荷物を中心に東京・大阪・名古屋間の当日配達の実現です。

大都市間の荷物輸送を1日に数回行い、荷物の回転率を重視する「止めない物流」を目指します。8月には厚木、9月には羽田の新拠点が稼働。

ヤマトホールディングスの木川眞社長は「今までにないスピード感と品質の高さとコストが上がらないこと。これが我々のバリュー」と意気込みを述べました。

すでに稼働している神奈川物流ターミナルでは通販会社に代わって商品在庫を保管。直接管理して顧客へ配送しています。これを支えるのは最新鋭の自動化システム。

図書館の書庫のようなラックには1万4,000個のコンテナが保管されていて、これを時速20キロで動くクレーンが行き来して商品を取り出します。人手を最小限に抑えても稼働できる体制が、夜間配送など消費者ニーズにいち早く対応するカギといいます。

リンク先に動画アリ。たった4人の倉庫は見る価値かるかも

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_44795

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
h25_14_01news

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/27(月) 18:06:33.92 ID:???
ヤマト運輸は27日、本日よりアジアにおける宅急便展開地域向けに、沖縄国際物流ハブを活用したアジア向け「国際宅急便」の小口荷物の最短翌日配達の取り扱いを開始すると発表した。ヤマト運輸と月払いなどの法人契約を結んでおり、「送り状発行ソフトB2」を利用している顧客が対象となる。

ヤマトグループはアジアにおいて、2000年の台湾(一部地域)を皮切りに、上海・香港・マレーシア(一部地域)・シンガポールで宅急便事業を展開してきた。昨年11月15日には、沖縄ヤマト運輸が沖縄国際物流ハブを活用して24時間通関を実現し、第一弾として、「書類」を対象にアジアにおける宅急便展開地域への最短翌日配達を開始した。

そして、通関作業にかかる時間を短縮する事前通関システムなどの構築により実現した今回の本格稼働は、24時間通関・保税倉庫などの機能と施設をフル活用した新たな「アジア圏ドアツードア一貫輸送プラットフォーム」構築の第1歩となる。

具体的には、これまで発送から配達完了までに3~4日かかっていたが、書類と同様に最短で発送翌日に、クロネコヤマトのセールスドライバーが安心な配送品質で配達する。料金も現行からの変更はない。日本から海外宅急便展開地域(上海・香港・台湾の一部地域・シンガポール・マレーシアの一部地域)へ、夕方までの集荷で最短翌日配達が可能になる。

ヤマトHD(9064)/ヤマト運輸のリリース
http://www.yamato-hd.co.jp/news/h25/h25_14_01news.html

http://www.zaikei.co.jp/article/20130527/133411.htm

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: ソマリ(チベット自治区) 2013/04/28(日) 00:04:55.94 ID:ZIu7p2EUT● BE:721563326-PLT(12001) ポイント特典
「『注文したその日のうちに届ける』なんて、オーバースペックだよ。利用者は現状に満足しているから必要ない」

ヤマト運輸法人営業部係長であり、「BtoC EC Account Executive」という外資系企業のような肩書を有する滝澤志匡氏が、営業先の通信販売事業者から同じ言葉で断わられ続けたのは2009年秋。ほんの3年半前のことだった(BtoC ECとは消費者向けネット通販の意)。

ところが今、「当日お届け」はネット通販でもテレビ通販でも当たり前のサービスになってきた。「オーバースペック」と思われていたことが一般化し、生活者のライフスタイルまで変わりつつある。

それを具現化させたのは、ヤマトが開発し提供する「TSS(Today Shopping Service)」だ。消費者がネットから注文を入れると、エリアによっては最短4時間で商品を届けられる。

理由のひとつは「商品は最初からヤマトの倉庫にある」からである。ヤマトの物流ターミナル内にある最新自動倉庫に、通販事業者が扱う商品在庫をあらかじめストックしておく。注文が入ればすぐに梱包して発送し、宅急便のネットワークに乗せて「当日お届け」する。業界唯一のスタイルだ。

滝澤氏が説明する。

「ネット通販業界では、20時~26時(午前2時)をゴールデンタイムと呼びます。帰宅した会社員などが、一息入れてPCを開き買い物を楽しむ時間帯です。TSSを使えば24時に注文して翌日午前に届けられるエリアもある。例えば、詰め替え用化粧品など“すぐに欲しい”という欲求に応じられるのです」

自動倉庫はグループのヤマトロジスティクスが運営し24時間稼働。ストックされる商品は売れ筋がメインだ。通販事業者は倉庫を持つ必要がなくなり、特に中小の事業者にはメリットが多い。「小さなロットでも扱えて、スピードが速い。商品保管業務から解放され、マーケティングやコンテンツ製作に集中できる。消費者と事業者、双方のニーズを追求したソリューションです」と滝澤氏。TSSは現在、「エリアごとに展開しているが、将来は東京の事業者様の商品を中部や関西へ当日配送できるサービスを始めたい」(武藤忠雄・法人営業部課長)という。

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング