images-2

1: そーきそばΦ ★ 2013/06/04(火) 10:41:16.38 ID:???0
民主党の次期参院選の政権公約(マニフェスト)のうち、厚生労働分野の原案が3日、判明した。残業代の不払いなど違法労働を強いる「ブラック企業」対策として、ハローワークに出す求人票に直近1年間の離職率を明記することや、悪質企業の社名の公表を盛り込むなど、労働分野を重視した。

労働関係ではこのほか、(1)地域や職務を限定し解雇しやすい限定正社員(2)解雇の金銭解決制度(3)労働者派遣法の緩和--に反対する姿勢を明確にし「労働規制緩和を阻止し、 雇用の安定を通じた景気回復」を目指すと強調。参院選に向け、支持団体の連合の主張も意識したとみられる。

政府が8月から実施する生活保護の引き下げに対しては、「影響や実態把握を行い、適否を再考するよう強く求めていく」と対決姿勢を打ち出した。また、今国会で成立を目指す子どもの貧困対策法案に基づき、学習支援や保護者の就労支援、高校生、大学生の奨学金充実をうたっている。さらに2012年の衆院選に引き続き、公的年金制度一元化と最低保障年金の創設▽後期高齢者医療制度の廃止▽国民健康保険の都道府県単位化--などを列挙した。【佐藤丈一】

毎日新聞 6月4日(火)8時25分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000007-mai-pol


Sponsored Link
この続きを読む