職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

上がる

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
math

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/19(木) 21:16:53.26 ID:AVpklV5m0.net
経験上


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_04

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/16(水) 08:11:09.99 ID:???
「若手のドライバーが集まらなくなった」という声をよく聞く。しかし、せっかく入社した若手のドライバーも3年で2、3割は辞めていってしまう。

高校卒業者の場合、3年以内の離職率は平成15年で42.5%、同16年43%、同17年41.2%、同18年38%、同19年35.3%、同20年30.9%、同21年30%。

大学卒業者の場合、同15年32.7%、同16年33.9%、同17年31.9%、同18年29.8%、同19年27.3%、同20年23.5%、同21年20.8%。

どちらも年々離職率は減少しているものの、「ようやく一人前になった若者」の2?3割が辞めてしまうのでは、経営者側からすれば厳しい状況といえる。

厚労省の「若手人材活用ノウハウ事例集」によると、「元ドライバーである社長は、トラック好きの社員の心をとらえてモチベーションアップを図っている」という。スタンダードと呼ばれる車両を使用する会社が多いのに対し、「トラックは出来る限りオプションをつけて最高級グレードにする。スタンダードよりも1台当たり200万円ほど高額になってしまうが、トラック好きにはたまらない」。

同社では「ドライバーは1日の大半をトラックで過ごす。トラックが職場そのもの」と考えており、いい車両ということで大切に乗れば燃費も向上して、結果的にはコストパフォーマンスが良くなるとしている。

社員らも「他社のトラックと並んだとき、ウチのトラックはかっこいい。いいトラックだとテンションが上がる」と喜んで、快適な職場に満足しているという。

各社が自社に合った「心をつかむ方法」を考えれば、若者の離職率はさらに減少していくのではないか。

http://www.weekly-net.co.jp/logistics/post-8983.php

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
headphones-in-grays-with-wire_418233

1: @@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/08/19(月) 03:00:37.33 ID:???
オフィスで仕事中にヘッドフォンで音楽を聴いている人が、若い世代を中心に増えているようだ。「好きな音楽を聴くと気分があがる」とか「周囲の雑音が耳に入らなくていい」といった理由だという。

ニコニコ動画には「作業用BGM」というタグを含むファイルが12万件以上もアップされている。「自分勝手なふるまい」と眉をひそめる向きもあるが、能率アップの効果もそれなりに期待できるようだ。

■すでに5人に1人が「マイ音楽」を聴いている

USENが2013年7月10日に発表したアンケート結果によると、仕事中に「マイ音楽」を聞く
と答えたのは、回答者400人の21.5%。すでに5人に1人を超えているのである。

「信じられない」と思う人もいるかもしれない。実際、同僚が音楽を聞いていた場合「不快」「やめてほしい」と考える人は48.8%と、半数近くになる。理由は「ビジネスマナーとしてよくないから」が64.4%で最も多く、「電話を取ってくれないから」(51.8%)、「話し掛けづらいから」(46.2%)、「自分勝手な行為だと思うから」(41.5%)と続いている。

得意先のオフィスを訪問し、こちらからあいさつしたのにもかかわらず、社員たちがヘッドフォンで思い思いの音楽を聴きながら見向きもしなかったら、不快になる人がいる可能性はある。

とはいえ、音漏れには気を付けていれば、周囲の雑音になることはないし、話しかけられればすぐに外すことができる。接客業などを除けば、悪影響が生じる職場は少ないのではないか。

一方で、マイ音楽を聞いている人の理由は「集中したいから」が68.6%を占めている。本当に業務の効率アップになるなら、一律に「音楽を聞くな」というのもおかしな話だ。

音楽と仕事の効率の関係を調べた人がいる。かつて病院の勤務医で、現在は英国で大学講師を務めるスチュアート・ファーリモンド氏だ。2012年2月6日付のブログによると、ドイツの研究者が過去の複数の実験結果を集めて分析し、そこから信頼性が高いと判断した97例について公表したという。

結論は、仕事にとって音楽は「有効」「有害」が半々に分かれたが、各実験にはいくつかの共通項があったという。それは、音楽を聴くことがプラスに作用するケースがあるということだ。

ソース:J-CAST
http://www.j-cast.com/kaisha/2013/08/12181369.html?p=all

(つづく)

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
001

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/23(日) 15:01:39.21 ID:1FMJFVBZ0
高卒社会人2年目ボーナス今まで全て無かった

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: チーター(徳島県) 2013/05/26(日) 08:51:47.54 ID:d2t4Q+BJ0 BE:3150616695-PLT(12014) ポイント特典
東洋経済オンラインが「デキるビジネスパーソンが『走る』理由」と題した記事を掲載して話題になっている。ランニング専門誌の『ランナーズ』の調査によると、「皇居を走るランナーの半数以上が年収700万円以上」という結果が出たのだという。

ビジネスシーンでデキる男は「引き締まったカラダに、精悍な顔つき」をしていると指摘。日本マクドナルドの原田社長のような「超多忙な経営者でさえ」やっているのだから、時間がないからランニングができないというのは「単なる言い訳」でしかないと手厳しい

「走れども走れども低収入」の人もいる

まるで「ランニングをすれば年収が上がる」「ランニングをしないから年収が上がらない」かのような書きっぷりだ。しかし理屈っぽいネットユーザーからは、「それは相関関係であって因果関係ではない」と冷ややかなツッコミを受けている。

「順番が逆だよねえ。高収入だからランニングする精神的・時間的余裕があるんだよ」「じっとしてられないほどのバイタリティがあるってことだからね」「肉体労働の人は、そもそも走ろうって思わないだろうしな」

皇居周辺をランニング場所に選んでいるのは、都心に住んでいる人や、大手町や丸の内の勤め人であり、単に「金持ちがそこで走っているだけ」。走ることと収入は関係ないのではないかという。

「郊外の河原を走れども走れども、低収入から抜けられず」
「隔日でランニングしてるけど無職でーす」

金持ちになると運転手つきのハイヤーで移動することが増え、運動不足になるので走っているのではと推測する人も。高収入の男性との出会いを求めて「皇居を走るハイエナ女が増えそうだな」と揶揄する声もある。いずれも何かと理由をつけて、自分から走り出そうとする様子が一向に見られないところが可笑しい。

http://www.j-cast.com/kaisha/2013/05/26175881.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
151

1: 黒(東京都) 2013/04/16(火) 01:57:56.69 ID:9BLyrtyN0● BE:282956235-PLT(12001) ポイント特典
[データ] 転職活動のきっかけは「人間関係」が最多、ストレス対策も課題に

http://bizmash.jp/wp-content/uploads/2013/04/topic-20130415_1_2.png
転職活動を始めた人にとって、そのきっかけは「人間関係」が最も多く、職場の同僚、上司、部下などとの付き合いが最大の原因になっている。
こんな調査結果を求人サービスを手がけるBroadBankがまとめた。
この調査は、2013年3月8―20日の期間にインターネット上で実施し、1009人から回答を集めた。転職のきっかけとして「人間関係」を挙げた人は28.6%(グラフ参照)。
「ストレス」「我慢できない」といった意見が数多く見られた。
少なからぬ人にとって、職場を変えようと考えるきっかけが必ずしも能動的なものとは限らないことが、あらためて明らかになった。
対処するためには転職活動だけでなく、職場でのコミュニケーションやストレス解消の方法をあらためて考える、あるいは仕事をする目的を明確に持つ、
時には人間関係のトラブルを受け流すことも重要だと、BroadBankは分析している。
また転職活動を始めた理由としては他に「年収アップ」が19%で2位となった。「給料が安い」「年収が少ない」などの意見が目立ち、
伸びている業界や給与レンジの高さが重要となる傾向が、人間関係がからむ問題に次いで顕著だった。
以下は「労働時間が長いなど現状の不満」が8.1%、「キャリアアップ」が7.7%、「会社の将来が不安」が6.4%と続いており、
さらに「その他」が30%となった。その他との回答には「家庭との両立」「上司についていけなかった」「自分の能力に限界を感じた」などの意見を含んでいる。

http://bizmash.jp/articles/43222.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング