職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

中国人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ◆ERINGI.ZL.2X @パリダカφ ★ 2013/10/27(日) 17:32:23.58 ID:???
数か月前に日本で就職したばかりだという中国人ブロガーの鴨頭(ハンドルネーム)さんは、
日本の職場環境は良好だと自身のブログで綴っている。外国での就職は言葉も文化も違うため、なかなか大変かと思われるが、筆者の場合はそれなりにうまくいっているようで、筆者は「同僚たちのおかげ」と感謝しきりだ。

筆者は社会人になって何年も経つようだが、
日本に来てみて「社会人としてまだまだ新人だ」と感じたという。なぜなら、今の同僚たちは何十年も働いているうえに、今でも仕事と真剣に向き合っているすばらしい人たちだからだと述べている。筆者は思わず、「20年後の自分も、彼らと同じような気持ちと情熱を持っているだろうか」と考えてしまったという。

例えば、直属の上司については「まじめな技術者でどんな問題も解決してくれる人」と高く評価した筆者。筆者の日本語がうまくなくても忍耐強く理解できるまで教えてくれるそうだ。
また、リーダーは颯爽としていて垢抜けた男性だが、それだけではなく決断力や責任感もありユーモアもあると尊敬を示した。

ほかの同僚たちも親切で面倒見の良い人たちで、筆者は「こうした日本人の同僚たちのおかげで外国でも自信を持って仕事ができている」と感謝の言葉を述べた。そして、「彼らが非典型的な日本人なのか、自分の想像していた日本人像が間違っていたのかは分からない」としながらも、いずれにしても自分の接する日本人がすばらしい人たちで良かったと安堵を示した。

「ブラック企業」という言葉を耳にする機会が増え、職場環境の悪い企業がクローズアップされる機会も増えている。中国人をはじめ、日本で働く外国人が増えつつあるなか、筆者が働いているような職場が増えることを願いたい。

ソース:livedoorニュース
http://n.m.livedoor.com/f/c/8195630


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: 影の軍団子三兄弟ρ ★ 2013/05/17(金) 08:55:00.24 ID:???0
2013年5月15日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は中国新聞網の取材を受けて、日本の「外国人技能実習生制度」が多くの中国人を引きつけている理由を説明した。

「もし3年間実習生を続けて、すべてが順調であれば、20万元(約320万円)を持って帰国することができる」と蒋編集長。日本政府はこのほど、「外国人研修生制度」の見直しを図り、「外国人技能実習生制度」と改名。新制度では、来日後2カ月の研修を修了した実習生は給料を受け取ることが可能になった。

蒋編集長によると、来日する中国人実習生の多くが農村部出身の若者だという。特殊な生産技術を持たない彼らにとって、日本の月収の多さは最大の魅力だ。

実際に「1人が出国すれば家族全員が豊かになり、多くが出国すれば村全体が豊かになる」という言い方もあるほど。

中国商務部国際貿易経済協力研究院の梅新育(メイ・シンユー)研究員は、「実習生制度の魅力は日本と中国の賃金格差にある。このため、経済発展地域に住む中国人はそれほど大きな賃金格差を感じないかもしれない。

ただ単に労働力の輸出として考えるのであれば、農村部の若者にとって日本で実習生として働くことは大きな魅力だ」と説明。「中国政府としては、実習生はただ働くだけでなく、日本の技術をしっかり学んで、日本人との人間関係を築いてもらいたい。それが今後の経済発展にとって大きなプラスとなるだろう」と語った。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72351

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
svg

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 05:13:34.71 ID:4g8UYMXg0
今日すごく真面目に「なんでオーナーは脱税しないんですか?」って聞かれた。

まぁコンビニのシステム的に売り上げが本部に送信されちゃうからほぼ不可能なんだけどさ 「脱税は犯罪だからやらないよ」って言ったら「バレるわけないでしょwwwwww」ってクソ笑われた

別に中国人とかいっぱい雇ってるし、中国にも韓国にも好きとか嫌いとか特別な感情持ってないけど、彼らと話すたびにいろいろ衝撃を受けるね。

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング