money_10000

1: 黒トラ(WiMAX) 2013/06/13(木) 16:20:08.10 ID:ATxjnFRh0 BE:2854560858-PLT(12001) ポイント特典
【199】浪費を重ねてきた人間はいい顔をしている

カネを使う要諦は「呼吸法と一緒」ミツハシ もちろん「名著」です。しかし、将来に備えて堅実に貯金している人に向かって「そういう人は、間違いなく不幸な人生を送ることになる。(中略)あなたが亡くなったあと、家族はその5000万円を巡って、文字通り骨肉の争いを繰り広げる」と書き、「浪費を重ねてきた人間というのは、節約に勤しんできた人間に比べて、何倍もいい顔をしているものだ」と断言する本ですからね。

ミツハシ シマジさんから直接聞いて知っている話もありましたが、こうして1冊にまとまると迫力がありますね。大笑いしたところは何十カ所もありますが、カネを使う要諦は「呼吸法と一緒」という一文にはうなずきました。編集者として月に300万円を使って才能豊かな人たちに会い続け、広告担当取締役として月に700万円使ってクライアントを接待してきたシマジさんでなければ出てこない表現ですね。

シマジ  正しい呼吸法は吸って吐くのではない。吐いて吸うんだ。つまり、カネ払いのいい人間には、それに見合ったカネが入ってくる。俺の預金通帳には30万円しかないが、同じ世代で通帳に5000万円ある人間より、俺は間違いなく盛大に使い、稼いできたはずだ。俺の財布を経由して流れたカネを生涯で通算したら、相当な額になる。カネはストックするのではなく、フローさせてこそ価値があるんだよ。

今回の相談者に教えたいのも、吐いて吸えということだ。十分に吐き出して肺の中を空っぽにすると、人の体は勢いよく息を吸い込もうとする。「少しのシングルモルトと葉巻とパイプが楽しめれば他には何もいらない」と言う相談者の趣味は悪くない。だが「少しの」というところが残念だ。シングルモルトも葉巻もパイプも、その良さを知ってしまうと「少し」では辛くなるはずだ。「少し」で留めている相談者の克己心には頭が下がるが、どうせ1度きりの人生なんだから、価値を認めるものには、遠慮などせずもっとドップリと耽溺してもいいと俺は思うね。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130611/353845/?ST=career&P=2


Sponsored Link
この続きを読む