職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

出産

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
huhu

1:09/04(月)02:51:50:atR
しない理由って女遊びしたいぐらいだよな?
Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kaigo

1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/02(金)08:52:50 ID:XaY
そして今の女はそれを望んでいるから万事おkって事?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_218

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/25(月) 21:03:47.13 ID:???0
なくそう「マタハラ」妊娠、出産を理由に解雇や嫌がらせ

働く女性が妊娠や出産を理由に解雇や嫌がらせを受けるマタニティーハラスメント(マタハラ)を防ごうと、労働団体の連合は出産や子育てについての法律などを、漫画を交えて分かりやすく紹介する「働くみんなのマタハラ手帳」をつくり、ホームページ(HP)で公開している。

マタハラをめぐっては、連合が5月に実施した女性約600人を対象とした調査で、妊娠経験者の37%が「妊娠中や産休明けなどに心ない言葉を言われた」と回答するなど、相次ぐ被害が明らかになっている。

手帳では、労働基準法で妊娠や出産、産休取得を理由にした解雇や契約打ち切りが禁じられていることなど、法律上の権利を説明。また、仕事と育児を両立できるような企業内制度の整備促進や、研修や教育を通じて上司や同僚の理解を深めることの重要性を訴えている。連合の非正規労働センターの担当者は「法律を知らない女性も多い。労働組合のない職場の人にもぜひ読んでもらいたい」と呼び掛けている。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131125/trd13112519170015-n1.htm

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 風吹けば名無し 2013/10/30(水) 06:42:58.80 ID:1hp90rO4
聞かせて

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: スフィンクス(愛知県) 2013/05/25(土) 23:59:10.52 ID:iB94/VvY0● BE:425830526-PLT(20003) ポイント特典
米テキサス州ミズーリシティーで心臓疾患に突じょ襲われ、医学的に一時死亡と判断された妊娠中の32歳女性が緊急の帝王切開で女の子を出産した後、蘇生を果たす出来事がこのほどあった。

女性のエリカ・ナイグレリさんは約2週間、集中治療を受けたものの、夫のネイサン氏によると現在は健康状態を完全に取り戻した。愛児エレイナちゃんの現在の体重は約3.7キロで、酸素吸入装置を必要とし治療も続くが、今後の健やかな成長に問題はないとしている。

医師によると、エリカさんは心臓が血液を送り出すのを困難にする肥大性心筋症を抱えていたが、当人に自覚症状はなかったという。エリカさんは今回の出産や蘇生について「神の加護のおかげ」と感謝している。

夫婦などによると、高校教師のエリカさんは今年2月、同僚の教師の教室に行った際、目まいを感じ、意識を失って倒れていた。同僚3人がAED(自動体外式除細動器)などを使って手当てしたが口から泡を出し、苦しそうにのどが鳴るなどの症状に変化はなかった。

救急医療班が到着し、エリカさんを診断したところ脈拍がなく、心機能の活動停止が見つかった。病院へ即座に搬送し、医学的には死亡と判断される状態だったが緊急の帝王切開に踏み切り、エレイナちゃんが誕生した。この後、医師がエリカさんの治療を再度試みたところ、心機能が復活したという。

エリカさんは病院に運ばれる途中のことを振り返り、救急車内にいたことや日光を見たことなどは覚えていると説明。病院到着後に、医者が「赤ちゃんが生まれた。病院内にいるよ」と語りかけたのも記憶にあった。愛児と対面したのは出産の3週間後だった。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35032537.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1
1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/03/15(金) 11:46:48.19 ID:???
来春卒業の大学3年生の就職活動が本格化する季節。企業の採用面接では、さまざまな質問が学生に投げかけられるが、どう答えてよいか困ってしまうものもある。女子大生にぶつけられる「結婚しても仕事を続けますか?」という質問もその一つだ。

●「女性の応募者にだけ『結婚』について聞くのは疑問」
都内の有名女子大を今春卒業するA子さんは、1年前に就活していたときの「ある面接」がいまも脳裏に焼き付いている。総合職を志望して大手損保会社に応募し、エントリーシートと適性検査、3回の面接試験を突破して、最終面接まで進んだ。本社ビル上階の会議室に入ると、貫録のある50代以上と思われる男性の面接官が1人で椅子に座っていた。いくつかの質問のあと、面接官は「結婚願望はありますか?」とたずねてきた。

「あります」。A子さんが答えると、面接官の声は重くなり、
「35歳になったとき、ご主人とお子さんがいても、仕事を続けますか?」とたたみかけた。「
子どもがいても仕事を続けます」と返すと、「福岡に転勤になった場合、ご主人やお子さんと
離れ離れの生活になるかもしれません。お子さんを連れて福岡に行きますか?」と
しつこく聞いてきたのだという。

結局、A子さんはこの損保会社から内定をもらえなかった。「結婚に関するやりとりで合否を決めたのかはわかりませんが、企業側からすると、女性の総合職が『結婚』を機に辞めてもらいたくないのが本音だと思います」と話すA子さん。「でも、『結婚』についての質問は男性にはしないですよね。面接で女性の応募者にだけ『結婚』について聞くのは疑問です」

●「結婚」の質問をする企業は、女性にとって「働きにくい職場」?
似たようなケースは、ほかにもある。都内大学の法学部に在籍するB子さんは、英会話業界の中堅企業の採用試験を受けた。やはり総合職志望だったが、2次面接で女性の面接官から「結婚して子どもがいても、仕事を続けますか?」と聞かれたのだという。結婚したときのことを聞く企業について、B子さんは「ワークライフバランスに取り組んでいないなど、結婚や出産後に働きにくい企業ではないかと思います」と推測する。B子さんによると、「大手企業に比べると、中小企業は、女性が働きやすい職場かどうかという点で不安がある」という。このような現状も、学生の大手志向に拍車をかける要因になっているようだ。

結婚に関する質問を受けた女子学生の中には、その企業に対してネガティブな印象をもつ場合もあるというわけだが、あるベンチャー企業の社長は「僕も面接では結婚の質問をするが、それはどのような人生設計をしているのか知りたいから。優秀な人だったら、できるだけ長く一緒に働きたいからね」と話している。採用する側にもそれなりの理屈がある、ということなのだろう。

「結婚について聞かれたくない」という女子学生の戸惑いと、「結婚についての考えも知っておきたい」という企業の意向。読者のみなさんはどちらに共感するだろうか。(弁護士ドットコム トピックス編集部)

ソースは
http://www.bengo4.com/topics/233/

引用元: http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1363315608/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング