職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

判断

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kutu

1: 2018/06/09(土) 07:01:25.58 ID:Te2kABQR0
人が育たない
給料安い
残業だらけで早くても20時超える
朝は8時から
怒号飛び交う
社訓を読まされる
朝に体操させられる
物が飛んでくる
とにかく人が足りてない


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
benkyo

1: 2016/06/16(木)04:24:06 ID:R5m
今高1で
進研模試しか受けてないが
偏差値は
国数英それぞれ79、63、75

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
suite

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/07(日) 17:51:18.78 ID:FYyzFdy80.net
スペック
Bラン国立文系
ブサイク
現時点でもちろんNNT

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pc

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/13(木) 22:35:32.97 ID:E2hzaMfu0.net
俺もブラックかどうか判断して欲しいから
答えるから答えろ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 16文キック(新疆ウイグル自治区) 2013/08/21(水) 23:26:50.12 ID:3nVv8LLiP BE:1730904645-PLT(12100) ポイント特典
命の尊厳、治療拒否に葛藤
「親と一緒に悩んで」
病気や障害ある赤ちゃん

病気や障害がある赤ちゃんの治療を、親が拒んだら医師はどうするべきか。日本周産期・新生児医学会は7月、こんなテーマのシンポジウムを横浜市で開いた。家族の意向と、命の尊厳のはざまで揺れる医療現場の苦悩が浮かび上がった。

 ▽ミルクも拒否
関東地方の病院では数年前、妊娠23週に500グラム台で生まれ、新生児集中治療室(NICU)に入った赤ちゃんが脳出血を起こし、水頭症を発症した。脳圧を一時的に下げる手術をし、知的障害が出る可能性を医師が説明すると、両親は以降の治療中止を希望した。
「障害が残るなら治療しないでほしい。子どもが一生苦しむことになり、かわいそう」というのが両親の考えだった。

http://www.47news.jp/feature/medical/images/20130820honki.gif
 
病院側は児童相談所に報告、医療チームが親と面談を重ねた。子どもに必要な治療を親が拒む医療ネグレクトでは児童相談所が介入し、親権喪失・停止など法的措置を取った上で治療が行われることもあるが、判断の難しさもあり件数は多くない。このケースでも法的措置は取られなかった。
 
生後5カ月。両親は面会に来なくなり、赤ちゃんへの輸血や手術、点滴までも拒否、ミルクも与えないよう頼んだ。赤ちゃんは目をきょろきょろと動かし、懸命に生きている。医療チームは「倫理的に最低限の線は譲れない」とミルクを与え続けた。生後12カ月で肝臓に腫瘍が見つかった赤ちゃんは積極治療を受けることなく、その3カ月後に死亡した。早期に治療すれば治る可能性があった。

>>2以降に続き

http://www.47news.jp/feature/medical/2013/08/post-938.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: コーニッシュレック(大阪府) 2013/05/20(月) 02:30:33.15 ID:U3teXOZE0 BE:94549722-BRZ(10000) ポイント特典
http://mainichi.jp/select/news/20130520k0000m040121000c.html

出生前診断:ダウン症を「異常なし」 函館の医院を提訴
毎日新聞 2013年05月20日 02時07分

北海道函館市の産婦人科医院で2011年、胎児の染色体異常の有無を調べる羊水検査でダウン症と判明したのに、男性院長が妊婦への説明で誤って「異常なし」と伝えていたことが、19日までの関係者への取材で分かった。妊娠継続の判断に影響を及ぼす出生前診断でこうした問題が表面化するのは極めて異例。専門家は「あってはならないミス」としている。

生まれたのは男児で、ダウン症の合併症のため3カ月半で亡くなった。

両親は「妊娠を継続するか、人工妊娠中絶をするか選択の機会を奪われた」とし、慰謝料など1000万円の損害賠償を求め函館地裁に13日付で提訴した。(共同)

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング