職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

加齢臭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
tuukin


1:09/18(水) 16:21:48.967: Nq9rwZwM0
いい歳してんだから車で移動しろじじい


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 2016/07/06(水) 05:28:36.07 ID:/F6D/TWDK
自分で気付いたり誰か指摘してあげられないんやろか…

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: テキサスクローバーホールド(北海道) 2013/08/05(月) 23:45:58.51 ID:jXGkC+1w0● BE:421454232-PLT(12001) ポイント特典
電車内や仕事中、エレベーターなど、周囲の人間からツーンと漂ってくる体臭に辟易した人も少なくないだろう。

近年では男性用デオドラント商品が数多く販売されるなど、体臭ケアに取り組むサラリーマンも少なくない。だが、そんな男たちの苦労もむなしく、女性は相変わらず男性の匂いには厳しい。そこで、まずは巷の女性たちに意見を聞いた。

「通勤中の満員電車。ただでさえ男の人の体臭が気になるのに、夏場はさらに匂いが強烈。
タイプの異なる悪臭が混じり合う密閉空間は耐えられない! 夏場はできるかぎり電車で男の人には近寄りません」(28歳・事務)、

「オフィスで横に座る同僚が複雑怪奇な匂いを放っていて、キツくて死にそう……。
ひたすら息を止めています。でも、あんなに臭いのに、なんで男の人って自分の匂いに気づかないのか謎」(25歳・食品)、

「イケメンでも体臭がキツいと一気に幻滅します。顔がイマイチでも、無臭の人のほうが断然恋愛対象になる」(27歳・IT)などなど、厳しい声が上がっている。
 
実際、20~30代の女性100人に「男性の匂い対策は十分だと思うか?」とアンケートをとってみると、90%の女性が「NO」と回答。一方、30~40代男性100人に「何かしらの匂い対策をしているか」とアンケートをとってみると、「YES」と答えたのが56%と、半数以上を占めた。つまり、男性の半数以上は匂い対策をしているにもかかわらず、女性の9割はそれに満足していないのだ。
 
対策はしているのに、なぜ不快な匂いは消えないのか。体臭治療で知られる五味クリニックの五味常明氏は、次のように語る。「匂いには、いろいろな原因があります。年齢を重ねると必然的に分泌される物質が原因で発する加齢臭や汗によって雑菌が増え匂う体臭もある。ほかにも髪の毛や着ている服が十分に乾いていなくて生乾きになって匂いを発しているケースもある。さらに、最近では『疲労臭』『ダイエット臭』『若年性加齢臭』など、ほかに原因を持つ匂いが認知されてきています。市販されているデオドラント剤は、汗臭さを消すのには効果的だが、それ以外には効果がない。だから、匂いがまったく消えないんです」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130805-00480713-sspa-soci

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
26

1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/07/25(木) 09:40:11.24 ID:???0
セクハラにパワハラ、モラハラ。巷に様々なハラスメントがあふれているが、最近問題になっているのが「スメルハラスメント」。通称「スメハラ」――つまり、においによる嫌がらせだ。
「隣の席の男性上司の足がとにかくくさくて…。とくに梅雨時は会社に行くのが憂鬱」(35歳、女性会社員)「先輩女性の香水がきつくて。とくに汗と混じると――。本当に、かんべんしてほしいです」(30歳、男性会社員)などと、まるで「暴力」におびえるかのようだ。そして今。新たに勃発したのが、巷で一大ブームを巻き起こしている、洗濯に使う柔軟剤によるスメハラだ。

「あのにおい。吐き気がしてくるのでやめてほしいです」と某メーカーに勤務する女性(33)は涙ながらに訴える。昨年いまの部署に異動になると、後ろの席の先輩女性の服から漂ってくる柔軟剤の強烈な香りに悩まされるようになった。

本人は「いいにおい」と思っているようだが、とくに夏場になると、柔軟剤と汗のにおいが混ざるのか、もはやトイレの芳香剤のにおいに近い。女性は仕事にも差し障りが出てきたので上司に「何とかしてください」と泣きついたが、「いや…。人に、『くさい』なんて、君言えないだろう」と逃げ腰。女性は内勤なので外出もままならない。仕事に集中できなくなり、気分まで悪くなってくるのだという。

本来、柔軟剤はほのかな香りのはずだった。それが2000年代半ばごろ、残香性が強い海外製の柔軟剤がブームを呼ぶと、香りはどんどん強くなっていった。いまや、香りと共にボトルも一緒に派手になり、柔軟剤入り洗剤も発売されるなど、ニッポン中に柔軟剤のにおいが充満した感すらあるのだ。職場にあふれる柔軟剤のにおいで迷惑しているという男性(42)は、吐き捨てるように言う。

「そもそも、なぜ本人はあのにおいを『くさい』と思わないのか。洗濯しないほうがマシでしょう」この男性の言葉は決して八つ当たりではない。スメハラが厄介なのは、自分のにおいは自分では気がつきにくいという点だ。「嗅覚は『順応』といって、長時間かいでいるとそのにおいになじみ、気がつかないことが多いのです」と体臭や汗の専門治療を行う「五味クリニック」の五味常明院長は話す。

http://dot.asahi.com/life/lifestyle/2013072400002.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
039

1: 土井八郎SKNfx-05p2-205.ppp11.odn.ad.jp 2012/11/24(土) 20:13:47.37 0
心まで老けていきそうで怖い

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング