職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

労働条件

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ramen_jiro

1:02/04(月) 18:58:29.11: 0aITpaay0
そんな貰えるんか?
Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
shakaijin

1:10/24(水) 21:35:38.570:U9IFH
週休三日
月給30万以上
年休130日
賞与二回
転勤なし
家賃補助半分

ヤバい
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
meishi

1: 2018/05/23(水)13:25:39 ID:Fj4

問い合わせすら無しでワロタ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
l_153

1: 2017/12/07(木)23:18:01 ID:8bF
なんでや‥

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
car_red

1: 2017/08/22(火) 19:38:28.413 ID:UUT1G4arM
ずっと待機でテレビ見ながら2chなんだがwww

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
work

1: 2017/04/02(日) 00:46:47.32 ID:7Ncpp2al0
看護師か?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/17(日) 12:25:47.20 ID:???0
パートを始めようとする時、巷にあふれる求人広告のどこを見ているだろうか。「時給のいいパート、ないかなぁ」そんなことばかりを考えて仕事を探していると、大きな落とし穴が待っているかも。あなたに合う仕事、続けられる職場、そのヒントは求人広告にこそある。

夫がリストラに遭ったA子さん(52才)は、時給850円の弁当店のほかに、週末は割烹料理店で働くことに。求人広告のフリーペーパーに載った1000円という時給にとびついた。

最初は土日とも、昼も夜も仕事があった。ところが、徐々にペースが落ちた。言われていた通りに、休前日に出勤確認の電話を入れると「明日は来なくていいです」と告げられることが増えた。「これからどうなるんだろう」。

さらにもう一つ、明細書を渡されず、タイムカードを早めに押させて約30分間の働き(500円相当)をなかったことにするなど、妙な仕打ちも多かった。A子さんは、なぜパート選びを間違ったのか。ヒントはどこでその仕事を見つけたかにある。

求人サイトで知られる『アイデム』の東日本事業本部マネジャーの岡安伸悟さんは「求人の出ている媒体は、差別化が図られている」と話す。

例えば、折り込み広告は新聞と一緒にその世帯へ配られるため、主婦、特に子育てが落ち着いた世代を意識し、インターネットは20~40代の女性層にユーザーが多いという。「10代は、ネット経由よりも、フリーペーパーのほうが目にとまりやすいようです」(岡安さん)

雇用側は当然、そうした媒体の特性を踏まえて求人を出す。A子さんはフリーペーパーで、自分向けではない求人を見てしまったのか。どおりで、周りが若いわけだ。ほかにも、見ただけではわからない、求人広告のワナがある。

B子さん(35才)も、求人広告を見てパート先を決めたうちの1人。仕事は中堅の広告代理店での事務作業だ。週休2日、時給1050円という好条件に加え、正社員登用への道が開かれていることも、B子さんには願ったり叶ったりだった。

6才の一人娘には、ピアノもバレエも続けさせたい。そのためには、お金が必要だ。
ところが、いざ働き始めると、求人広告には書かれていないルールが気になりだした。
http://www.news-postseven.com/archives/20131117_227049.html
>>2

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
matu142

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/26(日) 17:31:30.39 ID:???
女子大生の人気就職先として人気があるのがCA、客室乗務員だ。内定した学生はどんな大企業の内定でも辞退するとか。かつてほど好待遇でもなくなったCAになぜ人気が集まるのか。作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考察する。

 * * *

私が長年、疑問に思っていることがあります。それは、「女子学生は、なぜ、CA (キャビン
アテンダント、飛行機の客室乗務員)を目指すのか?」ということです。

ちなみに、以前はスチュワーデス(通称:スッチーは現在、CAと呼ばれていますね。覚えておきましょう。サイバーエージェントの略ではありませんよ。リア充臭がするという意味では似ているという説もありますけどね。

「“CAに決まった”と言えば、たいていの企業は、学生の内定辞退の連絡に納得してくれます」

ある女子大のキャリアセンター関係者はこう語ります。CAは、それを目指す女子学生にとって、長年の憧れであって、そこに決まったら、どんな人気企業、大手企業でも辞退されてしまうというわけなのです。

でも、これが私にとって大いなる謎なのです。ぶっちゃけ、CAって大変じゃないですか。

私、出張が多く、月に1往復くらいは飛行機に乗るのですけど、CAの様子を見たら泣けてきます。面倒臭い客に対応しないといけないですし、重い荷物も運ばなければなりません。ある日、JALに乗っていたら、CAのプチ粗相があり、いかにもおっさんの客が「経営再建中なんだろ、しっかりしろよ。頑張れよ」と声をかける様子をみて、複雑な心境になったものです。ホスピタリティは常に求められます。そういえば、先日、弁護士とANAの元CAとの結婚式、披露宴に出ましたが、ANA社員の出し物は「機内アナウンス風に結婚をお祝いする」というものでした。ホスピタリティありすぎで、私のやった下品な芸と対比されて痛かったです。

便の遅れから、考えたくはないですが、航空事故のリスクまで・・・。トラブルは常につきまといます。お給料も意外に高くないと言われています。

さらに、入社後数年は、契約社員なのですね。ANAのホームページによると、新卒のCAはしっかり「契約社員」だと表記されています。「訓練期間中は訓練生として契約します。所定の訓練終了後、1年契約の社員として契約し、2回(3年)を限度に更新可能。3年経過後は、 本人の希望・適性・勤務実績等を踏まえ、長期雇用の社員とします」とあります。つまり、正社員になるのは3年経過後というわけです。

ちなみに、外資系航空会社数社でCAをしてきた方によると・・・。

「私がCAになった90年代前半、日系エアラインの当時の”スッチー”採用は、以前は正社員採用でした。平成5年新卒入社を最後に、バブル崩壊の影響で客室乗務員採用は翌年からス数年間ストップ、採用再開される時に契約制度というものができたようです」

と語ります。彼女もこの制度導入に「使い捨て感」を感じたとか。

一方で、「今から20年くらい前とかだと客室乗務員になりたい人の多くが結婚するまでの腰掛け仕事的でてっとり早いくらいに考えていたと思われるので、会社としてはそういう雇用で十分という判断だったのでは?」とも。なるほど。そして、当時、スッチー合コン、スッチーと結婚というのは男の夢でもありましたな。(※続く)

http://news.mynavi.jp/news/2013/05/26/053/index.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
img_a97f5b189a644985b6c001c3f98a29d435963

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/22(水) 11:51:35.61 ID:???
ソースはPRESIDENT 2013年4月1日号
http://president.jp/articles/-/9428

[1/2]
正社員と同じ仕事をしているのに、非正規というだけで低い賃金に甘んじている契約社員は少なくない。はたして、非正規社員が正社員並みの待遇を手に入れる方法はないのだろうか。

期待したいのが、今年4月に施行された改正労働契約法だ。今回の改正では、「不合理な労働条件の禁止」(第20条)が新設された。これは、同じ会社で働く有期契約労働者と正社員を含む無期契約労働者(以下合わせて「正社員」)とのあいだで、「有期契約だから」というだけの理由で労働条件に差をつけることを禁じたルールだ。賃金や労働時間はもちろん、災害補償や服務規律、教育訓練、福利厚生といった労働者に対する
一切の待遇がその対象だ。

ただし、何から何まで正社員と同じになるわけではない。契約社員と正社員の労働条件の差が不合理かどうかは、職務や責任の内容、配置変更の範囲などを考慮して判断される。たとえば、仕事の内容が限定され、転勤もない契約社員が転勤のある正社員と賃金が違っても、それは不合理といえない。不合理だとされやすいのは、契約社員が実質的に正社員と変わらない仕事をしているケースだ。

低い待遇に悩まされてきた非正規労働者にとって、今回の改正は一歩前進に思える。しかし、労務問題に詳しい向井蘭弁護士は逆の影響を指摘する。「全国展開の大手小売店では、転勤のないエリア正社員とベテランのパートや契約社員が同じ仕事をしているケースがあります。この場合、両者の労働条件に差をつけるのは違法と判断される恐れがあります。企業側はそれを回避するために、エリア正社員の雇用を減らし、現場を非正規社員だけで回すようになるかもしれません。つまり今回の改正が、結果的に非正規雇用の拡大を後押しする可能性もあります」

-続きます-

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング