職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

危険

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
apart

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/12(木) 16:05:29.868 ID:tTOeqvvY0.net
30万だってさ


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/12(火) 20:34:22.30 ID:???0
「内定が出やすい」「初任給が高い」は要注意 ブラック企業の特徴4つ

ブラック企業にいったん入社すると、後々かなり大変なことになります。ブラック企業は入社して何年も勤めることができません。そのため、新卒で入って早い段階で辞めてしまうと、転職先の面接を受けても「忍耐力がない」とみなされ、次の仕事を見つけるのが難しくなります。

それでは、ブラック企業に入らないためにはどうしたら良いのでしょうか。今回は、入社する前にチェックできるブラック企業の特徴を4つ紹介します。

【1. 内定が簡単に出る】
「1回の面接で内定が出る」といったように、内定が早すぎる場合はブラック企業の可能性を疑いましょう。本来なら採用に時間がかかるのは普通です。ビジネスマンの生涯賃金は約3億円と言われています。企業側の立場から見れば、採用は3億円の高い買い物であり、だからこそ面接を何度も行ったり筆記試験をするなど慎重になります。ブラック企業は、「とりあえず入社させて、こきつかって辞めさせてしまえばいい」という意識があるため、内定を簡単に出します。

【2. 説明会が熱狂的】
社長が長時間にわたって熱く語る説明会は要注意です。学生がブラック企業にはまるのにはパターンがあります。色んな企業の採用試験を受けるものの、何十社も試験に落ちて心が折れ、そうした中でブラック企業の説明会に行くと学生はその気になって入社します。説明会で社長が出てきて、「君と一緒に夢を実現したい」「私たちと一緒に新しい社会を作ろう」と熱く語り、熱狂的な雰囲気の中でそのように言われると、学生は「やっと自分のことをわかってくれる企業に出会えた」「ここが自分の就職すべき企業だ」と入社を決めます。
続く

http://yukan-news.ameba.jp/20131112-29/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/03(木) 02:07:03.34 ID:pcXpBH1x0
バカ?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: パイルドライバー(庭) 2013/09/10(火) 14:55:48.68 ID:3i4+55mXP BE:356343438-PLT(12001) ポイント特典
日本株の短期的な調整は8月で終了!9月に買っていい株、ダメな株とは?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130908-00041198-diamond-bus_all

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/24(水) 23:35:47.90 ID:817SGldY0
さっき使ってたらいきなりカードが止まった

限度額は30万だよな…

ま、まさかだよな?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/07/25(木) 10:14:50.84 ID:???0
パソコンを使っていて、「最近、パフォーマンス落ちたなぁ」と感じたとき、どうしていますか。知っている人は、「これはHDD(ハードディスク・ドライブ)内のデータ断片化が原因だ」と判断し、Windowsのシステムツール内にあるディスクデフラグという機能を使ってパフォーマンスを取り戻す。だが、ちょっと気になる指摘をあるパソコンの雑学本で発見した。それは、「デフラグを頻繁にやるとHDDの寿命を縮めることになる」と。これは聞き捨てならないぞ!HDDとはご存知のようにパソコン内のデータを記憶する装置で、つまりこれが壊れると パソコンがHDDから起動しなくなるうえ、データが消失してしまうという最悪事態となる。そこで、デフラグのやり過ぎがHDD寿命に関係するのか、PCパーツ販売会社のリンクスインターナショナルに聞いてみた。まず、データ断片化とは何か。

「高速で回転する磁性体の円盤に磁気ヘッドによってデータの読み込み、書き込みを行うHDDは、長時間使用することでデータが点在して記録される断片化(フラグメント)が発生します。この断片化が発生することで、本来はある特定の部分だけにアクセスすれば済むデータも、異なるブロックにアクセスを行う必要があるため、結果としてデータ転送速度が低下します」

では、デフラグとは。「そこで、その点在したデータを集めてHDD内を整理するのがデフラグです。デフラグによって点在したデータを集約、データ転送に関わる無駄なアクセスを防止してHDD本来の速度を発揮できるようになります。このデフラグを実行する頻度は、個々の使用環境によって変化すると思いますが、概ね半年に1回程度デフラグを実行すれば十分だと言えます」

デフラグはHDDの寿命を縮めるのか。「デフラグ自体も基本的には断片化したデータの読み込み、最適な位置への移動書込みといった処理を行っており、HDD領域全体に連続的な負荷を要求します。

つづきます
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1374211952756.html?_p=1

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ジャガー(家) 2013/06/26(水) 11:05:07.73 ID:tqYcg+S80 BE:1950435465-PLT(12012) ポイント特典
Windows XPのサポート切れが近づいており、数千万台にもおよぶレガシーWindowsの移行が大きなテーマとなっている。しかし、古いOSを使い続けるユーザーが多いのは、それなりの理由がある。ここではWindows XPからの移行を阻害する要因について考察する。

内容を簡単に言うと、Windows XPやOffice 2003、Internet Explorer 6が来年、Windows Server 2013が再来年にサポート終了を迎え、セキュリティの更新が行なわれなくなるということだ。
セキュリティが更新されないということは、OSやアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を防ぐことができないことを意味する。インターネットへの接続はきわめて危険と言わざるを得ない。

「PCのハードウェアまたはOSを刷新する予定の有無」では、「年商5億円未満」の企業で
「予定はまったくない」と答えた企業が、54.6%となんと半数を超えている。つまり、調査を元にすれば、国内の中小企業においては、半数以上が刷新の移行すらないということを意味する。

つまり、日本の大多数を占める中小企業では、安定したOSを使い続けたいという意向があり、
新しいOSに対する魅力を感じていないのでは?という仮説が立てられるわけだ。

「壊れるまで使う」というユーザー心理

きちんと動いているのに、なぜお金をかけて換えなければならないのだという不満が根本にはある。「使えるものは壊れるまで使う」という日本人の美徳がOS乗り換えの大きな障壁となっている。ここには「古いから捨ててしまえ」という理屈は通用しない。

また、「Windows XPに比べて、Windows 7ではウイルスの感染率が1/10」といったセキュリティ面のメリットを訴えても、OS移行のモチベーションとしてはまだ弱いというわけだ。しかも、ライセンス違反をしているわけではないので、Windows XPもOffice 2003サポートが切れても使い続けられる。

こうした背景を考えれば、「Windows 7や8の最大のライバルがWindows XP」というのはまったく間違っていない指摘であろう。

http://ascii.jp/elem/000/000/802/802224/
http://ascii.jp/elem/000/000/802/802224/index-2.html
http://ascii.jp/elem/000/000/802/802221/CG_863x357.jpg

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_03


1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/04/21(日) 22:36:17.16 0
今や“コンビニの数より多い”ともいわれる歯科医院。特に都市部だと、歯科医院のわずか数軒先に別の歯科医院があったり、同じビルのなかに複数のクリニックが入っていたりするなんてことも珍しくありません。

こんなにも数が多いからこそ、歯科医院は実に玉石混交。つまり、歯科医選びを誤ると、とんでもないヤブ歯医者に当たって、あなたの歯にとっても財布にとっても“痛い”ことになりかねないのです。

そこで、歯科医院のコンサルティングを行っている株式会社デンタル・マーケティング代表の
寳谷光教(ほうやみつのり)さんから、危ない歯科医院の見分けかたを教えていただきました。

今回はまず“治療”の観点から、ヤブ歯医者の特徴を5個お届けしたいと思います。

■1:すぐ削りたがる、抜きたがる

虫歯の治療といえば、歯を削ったり抜いたりすること……というイメージがありませんか?
実は、歯を削ったり抜いたりすることは、患者にとってよい治療とは限りません。
むやみに削ったり抜いたりすることで噛み合わせが悪くなり、かえって虫歯ができやすくなるおそれもあるのです。

もちろん、歯の状態によっては本当に削ったり抜いたりが必要なこともあります。
ただ、口のなかをちょっと見ただけで「じゃあ、削りましょうね」「これはもう抜くしかありません」
と治療方針を決定してしまう歯医者は、あまり腕がいいとはいえません。

■2:新しい技術をとりいれていない

虫歯が気になるけれど、あの「チュイーン!」が怖くて、どうしても歯科医院に行く気になれないという人は多いと思います。
でも、「虫歯治療は痛くて当たり前」というのは、かなり古い考え。今は、虫歯菌の殺菌やレーザー治療など、
なるべく痛みが少なくて済む技術がどんどん開発されています。

どうせ治療するなら、従来型の“とにかく削る、抜く”という治療メニューしか用意していない歯科医院よりも、
新しい技術をとりいれている歯科医院のほうがオススメです。

>>2以降に続きます)[1/2]

ソース:Wooris(2013/04/21 09:00)
http://wooris.jp/archives/17330

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング