職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

原作者

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
m_01

1: スリーパーホールド(東日本) 2013/09/25(水) 13:42:04.80 ID:HDCk9hD80 BE:146368477-PLT(15073) ポイント特典
TBSが22日夜に放送した連続ドラマ「半沢直樹」最終回の平均視聴率が関東地区で42・2%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。11年の日本テレビ「家政婦のミタ」の40・0%を上回り、今世紀の全ドラマと今年の全番組、バブル期以降の民放ドラマで最高視聴率の“3冠”に輝いた。最後にまさかの子会社へ出向になった半沢が視聴率で“倍返し”の大出世を見せた。

コラムニストのペリー荻野氏は「半沢は“1人忠臣蔵”。日本人の好きな時代劇のストーリーの現代劇で、より幅広い視聴者に受け入れられた。最後の辞令はこのドラマで初めてといえる謎。続きがあるはずと注目して最高視聴率になったのでは」とみる。

演出は福沢諭吉の玄孫で、慶応大在学中に日本一に輝いた元ラガーマンの福沢克雄氏が担当。
同氏が原作者の池井戸潤氏に「半沢が頭取になるまでやらせてほしい」と直談判を済ませており、続編はドラマや映画で実現する可能性が高そうだ。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/25/kiji/K20130925006682910.html


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bank_m26

1: フランケンシュタイナー(岐阜県) 2013/08/27(火) 20:02:31.94 ID:JlBSPcdC0 BE:6964447-PLT(12010) ポイント特典
「半沢直樹」原作者「半沢の真似はしない方がいい」〈AERA〉

「やられたら倍返し」とすごむ堺雅人の快演で、「あまちゃん」超えの高視聴率をマークしているドラマ「半沢直樹」。原作は池井戸潤さんの『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』。バブル期に都市銀行に入行した主人公の半沢直樹は、内外からのさまざまな圧力に立ち向かい、跳ね返していく。
 
これら2作に続く半沢シリーズ第3弾の『ロスジェネの逆襲』も23万部のヒット。「週刊ダイヤ
モンド」に連載中は読者アンケートで特集記事を抜いて満足度1位にランクされ、連載小説が
ビジネス誌の巻頭を飾るという異例の事態となった。
 
連載中からサラリーマンには身近な物語として読まれていた。「自分の職場と重ね合わせて読んでいる」「理想を目指す主人公の姿に勇気づけられる」「仕事に対する心構えは心に残った」などの感想が読者から寄せられた。当時編集長だったダイヤモンド社の田中久夫さんは、
「会社の人事を理不尽と感じる人は多い。『人事が怖くてサラリーマンが務まるか』という半沢の言葉も響いたようです」と話す。半沢はとにかく熱い。「プレッシャーのない仕事なんかない」「世の中の矛盾や理不尽と戦え」「だったら、お前が変えろ」「どこに行かされるかは知らないが、行ったところでベストを尽くす」など、ページにちりばめられた言葉に付箋をつけながら読む人もいる。モチベーションが上がりそうだ。しかし作者の池井戸さんは、

「半沢の真似はしないほうがいいですよ」

と笑顔で語る。実際に職場で半沢を気取れば痛い目にあうのは必至。言いたいことは半沢に
言ってもらってスッキリすればいいのだ。(以下略)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130827-00000005-sasahi-ent

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
pen-&-pencil-clip-art_436409

1: アメリカンワイヤーヘア(WiMAX) 2013/06/23(日) 13:42:32.60 ID:WsjI7qNzP BE:186430627-PLT(12872) ポイント特典
武論尊氏「北斗の拳」だけで20億円?

人気漫画「北斗の拳」の原作者、武論尊氏が22日、TBSテレビ系の情報番組「ジョブチューン職業のヒミツぶっちゃけます」に出演し、印税などについて明かした。

気になる収入について武論尊氏は印税が5%であることを告白。番組内で「北斗の拳」の単行本コミックが1冊400円、その5%が20円、これまでに1億部以上売れているとして計算したところ、これだけで20億円の収入があることが明かされた。

「北斗の拳」はパチスロなどにも展開され、全国で100万台以上が使われているという。しかし、武論尊氏はこれに関する収入ついては「言うと皆さんが不愉快になる」として明かさなかった。かなりの高額になるとみられることから共演者が何に使っているのか聞くと「趣味が競馬なんで…」と答えた。

また、作画担当の漫画家、原哲夫氏と会ったのは連載開始から半年後だったことも明かした。
理由について武論尊氏は「間に編集者がいる。僕はまず編集者に原稿を渡す。それがOKだったら編集者が漫画家さんに渡す。オレと漫画家さんの接触がなくても作品ができあがるんです」と打ち明けた。

半年後に会ったのも作品の打ち合わせではなく、出版社の忘年会だったそうで武論尊氏は原氏の印象について「うわー、こんな若いにいちゃんが描いてるんだと思った」と振り返った。

http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/06/22/0006098261.shtml

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング