職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

原価

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
energy

1: 2016/12/05(月) 07:42:35.26 ID:2qzmTtL5p
あの飲み物だけであんないっぱいスポンサーなれるもんなんか?


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pizza

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 09:29:32.55 ID:Ghz2SRYh0.net
好きなのに

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: セントーン(チベット自治区) 2013/11/10(日) 14:29:43.67 ID:84FHk3Vu0 BE:425471292-PLT(12017) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/8237978/

ラーメン店が喜ぶ「儲けが大きいトッピング」は?

「食」に関する情報が溢れている昨今。今回SPA!では「食べログ」や「お願い!ランキング」ではわからない、食の危険性やニッチな話題をランキング化し、食に関する裏情報を追った。

◆ラーメン店はのりや卵を頼まれるほど儲けが大きい
分厚いチャーシュー、山盛りの野菜、中が半熟の煮卵……。スープと麺だけでもラーメンは十分にウマいが、やはりトッピングは豪勢にしたくなるのが人情。そんなラーメンのトッピングで“お店の人が喜ぶもの”すなわち、原価が安く、儲けが大きいものはなんなのか。生存競争の激しい東京でラーメン店を15年間営んできた店主に、匿名を条件に語ってもらった。

「お店にとって一番嬉しいのは、のりですね。1人前20円で仕入れて、100円で出せる。しかも、仕入れの段階で食べやすいサイズにカットされているから、袋から出してのっけるだけです。手間もかかりませんからね」

のりと原価が同じ煮卵は、手間の部分で少し儲けが劣るそうだ。

「卵自体の仕入れ値は安いですが、卵を煮るガス代や、漬け込むタレの調味料費がかかります。それに、卵の殻を剥くという手間もかかるので、のりよりは若干儲けが薄いですね」

某有名大盛りラーメン店の野菜マシと言えばもやしが大半を占めているが、この野菜トッピングもお店の旨みは大きい。

「もやしは、値段の変動が少ない。季節に関係なく安定した価格で供給されるので、無料で増量しても損は少ないし、有料ならば儲けは大きいですね」

逆に注文されて一番困るトッピングは、意外にもチャーシューだという。「チャーシューに使う外国産豚肉の価格は10年前に比べて5倍になっています。以前はチャーシューが一番儲かるトッピングでしたが、今は注文されると困る商品ですが、外すわけにもいきませんからね」

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
601

1: 逆落とし(チベット自治区) 2013/09/07(土) 17:18:07.99 ID:cv93DOT10 BE:567295946-PLT(12017) ポイント特典
http://www.news-postseven.com/archives/20130907_207730.html

夜店のイカ焼き原価15~20円 ボロ儲け批判に露天商が猛反論
2013.09.07 16:00

全国各地で行なわれる祭を彩ってくれるのは、屋台で売られる食べ物である。しかし、それらの原価を調べてみると、イカ焼き=15円、綿菓子=40円、かき氷=30円……。「ボッタクリかよ!」というブーイングが聞こえてきそうだが、夜店側にも「オレたちだって結構辛い」と反論があるようだ。

夜店の商品には当然、材料費に加えて様々なコストがかかっている。とある露天商が語る。

「例えばイカ焼きは、焼き物の機材一式で15万~20万円。屋台設備に15万円かかる。複数の屋台を出す業者も多く、その場合にアルバイトを雇えば人件費もかかる。光熱費も馬鹿にならない」

これに加えて夜店ならではの費用もかかる。商売の場所を確保するための「組合費」だ。関西の露天商組合関係者が語る。

「屋台を出すためには、各地の露天商組合に加盟する必要がある。会費は月額1000円、年1万2000円というのが相場になっている。お祭りで路上販売するときに、組合を通じて警察に道路許可証を申請してくれるなど、何かと融通してくれる」

祭りの会場では、露天商組合による「土割り」とよばれる場所決めが行なわれる。屋台は出店する場所によって売り上げはまったく変わってくるので、どの業者も少しでもいい場所を確保しようと必死だ。これには既得権があり、一度獲得すると、翌年以降もその場所で営業することができるという。

こうした諸費用が、商品の代金に含まれているというわけだ。原材料費が15~20円の前述のイカ焼きの例で見ると、鉄板などの機材、屋台設備、プロパンなどの燃料を加えたとして、その経費は40~50円程度となるという。これを300~500円で売るのだから……あれっ、やっぱりボロけじゃないか!

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング