職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

回答

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
illust2006

1: cue◆open9v.MEM 2014/04/04(金)13:11:22 ID:QzI2jSVY5
新入社員が入ってきたり、異動もあったりと、仕事の環境が大きく変わることも多い新年度。
上司が「男性」か「女性」かで、仕事のしやすさがちがう! と感じる人もいるのでは? 
そこで今回は、働く女性にこんな質問をしてみました。

Q.男性の上司と女性の上司、どちらのほうが仕事がしやすいと思う?
男性の上司……75.2%
女性の上司……24.8%
(つづく)

http://news.livedoor.com/article/detail/8701390/


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kaigo

1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/04/05(土)17:27:27 ID:n616kM8ql
働く人の10人に1人、女性に限ると4人に1人が親の介護の必要性が増せば「仕事を辞める可能性が大きい」と考えていることが民間の研究機関の調査で分かりました。

この調査は、高齢者問題を研究している「ダイヤ高齢社会研究財団」が去年、全国の企業15社の従業員を対象にアンケート形式で行ったもので、4320人から回答を得ました。

それによりますと、「介護が必要な親がいる」と答えた人の割合は31歳から40歳は5%でしたが、年齢が上がるにつれて高くなり、51歳から55歳で21%、56歳から60歳では24%と5人に1人を上回りました。

また、親が日常生活の大半で介護や介助を必要とするようになったら「仕事を辞める可能性が大きい」と答えた人は全体の11%で、女性に限ってみると26%に上りました。

調査を行った財団の奥野哲企画調査部長は「親の介護が仕事に与える影響が想像以上に深刻なことが分かった。企業には短時間の休暇制度を導入するなど、介護をしながら働ける環境づくりをすることが求められる」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140405/k10013523361000.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 諸星カーくんφ ★ 2013/11/04(月) 22:56:44.01 ID:???
「アベノミクスがもたらす影響」について、川崎信用金庫は川崎市内の中小企業を対象にした調査結果をまとめた。第1の矢(円高是正など大胆な金融緩和)や第2の矢(公共投資など機動的な財政政策)について、「影響はない」と回答する企業がともに約4割で、直接的
影響は少なかったことが分かった。

調査結果によると、第1の矢について「良い影響があった」は9・2%で、「悪い影響があった」の7・5%と大差はなく、「影響はない」(39・0%)、「どちらともいえない」(44・3%)がともに約4割を占めた。

第2の矢についても「良い影響があった」が7・9%、「悪い影響があった」が4・1%で、「影響がない」は42・8%、「どちらとも言えない」は45・2%。同信金は「良い方向に向かっているが、中小企業への波及に時間がかかっている」と分析している。

第3の矢とされる「民間投資を喚起する成長戦略」(複数回答)で期待する分野としては、規制改革の推進=41・2%▽責任あるエネルギー政策の構築=39・8%▽産業の新陳代謝の円滑化=31・1%▽経済連携の推進=27・5%-などの順だった。

また、賃金の引き上げに関して「据え置いている」は77・3%、「引き上げた」は18・5%、「引き下げた」は4・2%だった。

調査は9月上旬、川崎市内に営業拠点を置く中小企業702社を対象に実施。有効回答率は73・7%。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/131104/kng13110420260002-n1.htm

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
022

1: 風吹けば名無し 2013/08/09(金) 04:06:55.72 ID:PhN1wKlk
自力で生きていけない人たちを国や政府は助けるべきだとは思わないと言う人が
日本では三人に一人以上もいることがアンケートでわかりました。

日本 38%
アメリカ 28%
イギリス 8%
フランス 8%
ドイツ 7%
中国 9%
インド 8%

http://blogos.com/article/49904/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: かじてつ!ρ ★ 2013/08/07(水) 11:39:41.50 ID:???P
○景気は「回復」が95%…主要116社アンケ

読売新聞社と日本テレビ放送網は、7月の参院選直後に国内の主要116社を対象に行った
景気アンケートの結果をまとめた。

景気の現状について、「はっきりと回復している」が6社、「緩やかに回復している」が104社で、計110社(94・8%)が回復基調にあると答えた。

円高や欧米の景気減速が懸念された2012年9~10月の前回調査(9・2%)と比べて
大幅に増え、企業の景況感が大きく改善していることを裏付けた。

回復の要因(複数回答)では「円高の修正による輸出の回復」が69社でもっとも多かった。

参院選で自民・公明両党が勝ち、衆参の「ねじれ」が解消されたことについては、日本経済に
「プラスになる」と答えた企業が93社(80・2%)に上った。「マイナスになる」はゼロで、多くの企業が安倍政権による経済政策の実行が加速すると期待している。

優先すべき経済政策(複数回答)では、「法人税の実効税率引き下げ、設備投資減税など企業減税」が85社で最多。「規制・制度改革」が77社で、「環太平洋経済連携協定(TPP)
交渉の促進」が52社と続いた。いずれも政府の成長戦略の柱になるもので、企業は金融政策、財政出動に続くアベノミクスの「第3の矢」である成長戦略の実行を強く求めている。

一方、デフレ脱却には、賃金が増え消費の増加につながることが重要だが、社員の所得増に
向け検討していることについて、「ベースアップの実施」が4社(3・4%)、「冬のボーナスの引き上げ」が5社(4・3%)、「ベアと冬のボーナス引き上げの両方」は1社(0・9%)だった。「特に検討していない」が48社(41・4%)で、賃金やボーナスの本格引き上げには慎重な企業が多い。

アンケートは7月22日~8月2日に実施した。

□ソース:読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20130806-OYT1T01534.htm

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング