職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

増加中

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bank_m26

1: ヒップアタック(WiMAX) 2013/08/25(日) 21:24:10.90 ID:wVGsCj8E0● BE:1796457773-PLT(12000) ポイント特典
半沢直樹に影響され「バンカーで倍返し」目指す就活生が増加

大人気ドラマ「半沢直樹」でメガバンクの就活が人気!? ドラマ、漫画が就活に与える影響を作家で人材コンサルタントの常見陽平氏が考える。

今年はドラマの当たり年ですね。NHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』も大人気ですが、同様に人気を集めているのがTBS系の日曜劇場『半沢直樹』です。池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』(ともに文藝春秋)が原作です。バブル末期に大手都市銀行(今で言うメガバンク)に入行した主人公半沢直樹の企業社会での奮闘を描いたドラマです。

ビデオリサーチの調べによると、8月11日に放送された第5回は平均視聴率が29.0%、瞬間最高視聴率が31.9%でした。名セリフ「やられたら倍返し!」は、『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」と並び、今年の『新語・流行語大賞』で大バトルになりそうですね。

さて、最近、よく質問されるのが「『半沢直樹』ブームで、学生の就職希望先としてメガバンクの人気は上がるのか?」という素朴な疑問です。結論から言うならば、影響はあるでしょう。ただ、そもそも2014年卒から2015年卒にかけて、メガバンクをはじめとする金融機関の人気は間違いなく上がるので、『半沢直樹』がどこまで影響を与えたかは、測定しにくいというのが率直のところです。つまり、『半沢直樹』が放送されていなくても、金融機関の人気は上がっていたのではないか、ということです。

http://www.news-postseven.com/archives/20130825_206888.html

つづく


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-2

1: おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★ 2013/05/18(土) 09:20:08.98 ID:???0
職場では必ず通らねばならない、「電話の受け答え」という仕事。

実はこれを苦手とする新入社員が増えているという。

都内のベンチャー企業でアルバイトをしている女子大生(21)も「電話恐怖症」の一人だ。知らない相手、特に中年男性と受話器越しに直接、話すのが嫌だという。

「これまで、父親以外の男性と、電話で話すことはほとんどありませんでした。いたずら電話が怖いので、親から自宅の固定電話には出ないよう言われていますし、ケータイでも、電話帳に登録してある番号以外からの電話には出ないようにしています。サークルの男友達とはLINE、大学の教授とはメールでやりとりすることが多いので、受話器から聞こえる男性の低い声が怖いんです」

電話恐怖症を克服するにはどうしたらいいか。大手人材派遣会社パソナグループの子会社「キャプラン」で、新人向けの電話応対研修を数多く手がける伊東絹子さんに聞いた。

「まず、配属先の部署の先輩、上司の名前と顔をいち早く覚え、保留や転送などその電話機の機能を使いこなせるようにしておくこと。これだけでずいぶんと気持ちにゆとりが出ます」
慣れないうちは、電話が鳴り、相手が「○○社の××です」と名乗ったら、「○○社の××さんでいらっしゃいますね」と復唱するのもいい。その間にメモを取るための時間が稼げて、心に余裕が生まれるという。

「メモが取りやすいよう、利き腕でないほうの手で受話器を取るといいです。そして口角を上げ、怖がらず、自分で自分に『これは楽しいことなんだ』と言い聞かせて話すこと。感じのいい『笑声(えごえ)』で話すことが重要です」

http://dot.asahi.com/life/lifestyle/2013051700006.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング