middle_1267115282

1: ぽてぽんφ ★ 2013/05/13(月) 18:56:05.87 ID:???0
「無職は夢職」 活況の「無職説明会」ルポ

会社説明会や採用面接……。来春卒業を予定する学生の就活シーズンまっさかりの大型連休中、ちょっと変わった説明会が都内で開かれた。テーマは「無職説明会~大切なことは全て無職時代が教えてくれた」。「就職できなかったら自分の人生はダメだ」と諦めてしまう人に、無職の経験を生かした人たちが力強いメッセージを発信した。会社勤め20年を超えた記者も参加。無職という言葉からイメージする無気力、無関心とは正反対の盛り上がりに心を動かされた。

■無職のありのままを伝えたい
5月4日午後7時。東京・杉並区のイベント会場「阿佐ヶ谷ロフトA」で「無職説明会」が開かれた。この時期、企業の会社説明会は多く目にするが、無職に関する説明会はなかったと思う。案内の看板には「史上初!!の無職説明会」とある。総務省の労働力調査によると、2013年3月の完全失業者だけでも280万人おり、無視できない存在になっている。主宰したイベントプロデューサーの岡田紘樹さん(31)は「世の中に出ているのはネガティブな情報ばかりで、
就職していない=ダメ人間というとらえかたをされがち。自分を悲観してしまう人も多い」と切り出した。

「世の中にはなかなか出ない無職のメリットについて発信し、経験した人間だからいえる無職の大変さなど、ありのままの姿を伝えたい」とイベントの狙いを話す。説明会の講師役となる出演者の顔ぶれは多彩。無職だったにもかかわらず就職活動本を2冊出版し、就活生への講演もする霜田明寛さん(27)や俳優から無職になりハイパーメディアフリーターの肩書で活躍る
黒田勇樹さん(31)、自らの写真をフリー素材として提供する大川竜弥さん(31)など無職を経験し、今の活動に生かしている5人が壇上に並んだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO54808500Z00C13A5000000/?dg=1


Sponsored Link
この続きを読む