職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

大人気

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_106

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/01(土) 07:29:29.04 ID:Ffcibwzb0
別に何か作ってるわけでもないし


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/09/15(日) 17:33:10.48 ID:???0
セブン&アイHLDGS傘下のセブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区二番町)が、今年1月から始めたセルフ式ドリップコーヒー「SEVEN CAFE」(セブンカフェ)の100円コーヒーR(ホット・アイス)が、飛ぶように売れている。

商品本部FF・デイリー部シニアマーチャンダイザーの和瀬田純子氏はこういう。

「今年1月にスタートした時点では、1日1店舗当たり60杯、年間販売目標を3億杯と発表したのですが、直近7月の平均販売杯数は87杯を記録しました。7月は猛暑の影響もありアイスが8割も売れました。

7月18日には販売数1億杯を突破、当初目標の4割増しで売れており、今年度の販売目標を4億5000万杯に上方修正しました」

セブン-イレブンの「SEVEN CAFE」導入店は現在1万2800店。新しく設置スペースを作ったりすることで遅れていたが、9月中旬には1万5800店全店に導入できる見込みだ。

「朝晩少し涼しくなってきた9月では、1日1店舗当たり100杯に迫る勢いで売れています」(広報センター)

これまで日本マクドナルドの「マックカフェ」が年間3億杯を売り、トップだった「SEVEN CAFE」は開始して1年足らずで「マックカフェ」を追い抜き、日本一のコーヒー販売店の座に就くのは確実だ。マクドナルドが全国3300店舖くらいなのに、セブン-イレブンは、その5倍近い1万5800店舗。数の上からも勝負はついたといえる。

「コーヒーは苦いというので近年、若者のコーヒー離れが起こっていました。けれども全国5万店を超すコンビニ各社がレギュラーコーヒー販売に本腰を入れることになれば、業界に与える影響力は非常に大きい。コンビニの客は若い男女が多いということでもあり、若者のコーヒー離れに歯止めがかかるのではないかと、期待しています」(全日本コーヒー協会)

セブン-イレブンは「SEVEN CAFE」の大ヒットでファストフードやカフェ業界の領域を侵すと同時に、コーヒーのついで買いによるサンドイッチや焼き菓子、パン、スイーツなどの売り上げ増で、既存店の売上高を伸ばすことにも成功した。

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130915/ecn1309150732001-n1.htm

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: ペルシャ(WiMAX) 2013/06/23(日) 15:07:05.54 ID:MDlrxKzI0● BE:964412328-PLT(12004) ポイント特典
手軽なカップ麺に押されてピーク時の半分以下に市場が縮み停滞していたという即席袋めん市場。「マルちゃんショック」と呼ばれる衝撃を与えた東洋水産の「マルちゃん正麺」について、五感・身体と社会の関わりをテーマに、五感生活研究所代表として取材や多くの講演を精力的に行う作家の山下柚実氏が、その秘密に迫った。

2011年11月、即席袋麺「マルちゃん正麺」が東洋水産から発売されると、市場はどよめいた。発売直後から消費者の反響はすさまじく、同社は製造ラインを3倍に拡大して対応した。発売からたった1年半弱で累計3億食、販売金額300億円(2013年3月、希望小売価格ベース)を達成した大ヒット商品。完成された商品と思いこんでいた袋麺に、まだやれることがあったのかと、業界にはショックが走った。

「正直、ここまでのスピード感で売れるとは思っていませんでした」と開発チームの一人、即席麺本部・中山清志部長(53)も驚きを隠さない。

「マルちゃん正麺」のウリは、何といっても生の麺を再現したような独特の麺にある。特許技術「生麺うまいまま製法」が「3億食」の原動力と考えてよいでしょうか?

「たしかに、技術的なイノベーションがヒットの要因です。あわせてCMや広告、ツイッターなどSNSによる情報伝達の早さや内食が志向される時代背景など、複数の要素が重なったおかげかと思います」

それまで袋麺はダウントレンドの中にあった。しかし、「潜在的な可能性はまだあるはず」と考えた同社は、2006年に「全く新しい麺」をめざして開発をスタート。

「試行錯誤を繰り返し、試作品が完成するまでには約3年かかりました」

4月末に発売されたばかりの『マルちゃん正麺 冷し中華』を味わってみた。ちょっと太めの麺。その弾力性。生麺に近いリアルな歯ごたえ。するっと軽やかな喉ごし。「麺の長さは25~30cmと、通常の半分程度です。子供や高齢者でも食べやすいようにしました」この工夫が、喉ごしの軽やかさまで演出しているのでは、と私には思えた。

http://www.news-postseven.com/archives/20130623_193124.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング