clipart

1: ファルコンアロー(岡山県) 2013/08/30(金) 10:23:15.19 ID:gPkgdC/C0 BE:5493266497-PLT(12001) ポイント特典
2万5000人受験して合格者ゼロだった「リベリア大学」

アフリカのリベリア大学で、受験生全員が合格点に達せず「不合格」になったことが話題になっています。大統領が「国家の緊急事態」と声明を発表するほど教育水準の低さが浮き彫りに…。

■アフリカのリベリア大学、受験生全員が合格点に達せず「不合格」に
アフリカ・リベリア大学では今年の受験者全員が落第しパニックとなっています。リベリア大学を受験した約25,000人の受験生が、見事に全員不合格。9月から始まる新年度の入試を受験した2万5000人全員が合格点に達しなかった。

合格基準点を下げ、受験者の1600人を合格とせざるを得なかったという。

■「英語全くできず…」国全体の教育水準の低さが浮き彫りに

受験した学生たちは英語の基本的な把握ができておらず、熱意が足りなかった。大学の広報担当者「特に英語においてはまったく何も知らないといっていいレベル」

リベリアの教育システムは、10年前に終結した市民戦争以降改善してきてはいるが、依然として弱点がある。

■政府関係者も大混乱…大統領が「国家の緊急事態」と声明発表

全員となるとさすがに史上初ということで政府関係者もかなり混乱。エレン・サーリー(Ellen Sirleaf)大統領は、貧困に苦しむ同国の低い教育水準を「国家の緊急事態」と呼ぶ声明を発表。

「全てのリビア国民は、政治的背景にかかわらず全員で」教育水準の改善に取り組まねばならないと呼びかけた。

http://matome.naver.jp/odai/2137776280060761701


Sponsored Link
この続きを読む