職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

実態

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
image65

1: エルボードロップ(大阪府) 2013/08/17(土) 21:59:16.50 ID:Etvn5HOc0 BE:3433644858-PLT(17440) ポイント特典
日本では最近、「ブラック企業」が頻繁に話題になっている。これは何も日本だけのことではないようだ。中米ホンジュラスのとある企業で、驚くべき就労実態が暴露され、物議をかもしている。
 
・従業員にオムツ着用を強制か?
その企業ではなんと、トイレに行くことを禁じて従業員にオムツを着用させていたと、元従業員や労働組合の訴えにより明らかになった。しかし企業側はこの主張が嘘であるとして、否定している。これが事実なら超絶ブラック企業ということになるのだが……。
 
・生産性低下を避ける目的
この訴えは同国の労働組合の会合で、事務局長が明らかにしたものだ。米韓出資による企業「キャンシン リア ホンジュラス電気配電機構」は、生産性の低下を避けるため従業員に大人用オムツを着用させて、トイレに行くことを禁じていたとしている。
 
・自発的に購入を仕向ける
しかも企業側はオムツを供給していた訳ではなく、女性を中心とした従業員に、職を失う可能性をちらつかせて自発的にオムツを買うように仕向けていたというのだ。これらは元従業員の証言によるものであり、事務局長は速やかに当局に捜査を進めるようにと要求している。
 
・企業は訴えに反発
これに対して企業側は、まったくの虚偽証言であるとして反発。企業の法定代理人は、「これまで会社は、労働法に違反したことがない」と説明しているそうだ。だが、7年間務めた経験を持つ元従業員の女性は、メディアに対して次のように話している。

「トイレに行くことを許可してもらえなくて、オムツを着用しなければいけないなんて、恥ずかしいことです。しかしこの主張に認める従業員は大勢います」

と話し、「虚偽証言」とする企業の考えを一蹴した。
 
・実態解明を進める
ちなみに同国の労働大臣はすでに30名の調査チームを派遣し、実態解明を進めているという。それにしても、生産性維持のためにオムツまでつけさせるとは、ブラック企業という言葉では済まされないくらいかもしれない。

http://rocketnews24.com/2013/08/17/360042/


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bank_a21

1: アフリカゴールデンキャット(大阪府) 2013/06/24(月) 11:41:37.56 ID:JIItOBrQ0 BE:662501546-PLT(12000) ポイント特典
■純利益率20%! “異質な”ATM銀行「セブン銀行」の経営状況をチェック

セブン銀行は、現金自動預け支払機によるビジネスが中心。休日や夜間に利用客から得る105円や210円(いずれも消費税込み)といった手数料を積み重ねる。すなわち、ATM銀行である。

2001年のスタート当初は、メガバンクの関係者などから「ビジネスとして成り立つの? 」とか「銀行の本来業務ではない」などと冷ややかに見られたものだが、そんな低評価を覆し、立派にビジネスとして成立。今や高収益を実現している銀行だ。一般企業の売上高に相当する経常収益に対する純利益の割合はおよそ20%。最大手の三菱UFJFG約18%を上回る水準である。

セブン銀行が運営する、ATM1台の概要を見ておこう。

設置台数や利用総数などから計算すると、ATM利用者から得る手数料は1回平均130円強。そんな利用客が1日に110人以上もいることから、ATM1台が1日に得る収入は1万3,000円を超す。

一方、セブン銀行のATMはグループ内のコンビニやスーパーへの設置が中心だが、グループ内とはいえセブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などに「設置・管理」の対価として手数料を支払うことになっている。そうした費用は、1台1日1,600円台から1,700円強である。

つまり、収入から費用を差し引いても、セブン銀行のATMは、1台ごとに、毎日1万数千円を稼いでいるわけだ。1年間では400万円を軽く超す。

烏賊ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130624-00000000-sh_mon-bus_all

■ATM導入を増やすほど儲かる? それともコスト?
■売上高は右肩上がりで上昇、従業員の平均年収は600万円台にダウン
■イオン銀行、地方銀行と比較すれば、セブン銀行の“異質さ”が見えてくる

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
kuro

1: ターキッシュアンゴラ(dion軍) 2013/05/26(日) 10:43:22.99 ID:28qI+8bS0● BE:1685815283-PLT(12001) ポイント特典
長時間労働を課して残業代を支払わない、暴言やパワハラを繰り返して退社に追い込む…。

そんな過酷な労働を強いる「ブラック企業」が問題化している。

入社後、心身のバランスを崩して職場から長期離脱するケースも少なくない。若者の早期離職の一因とも言われるが、労働実態を就職前に見抜くのは至難の業だ。一方で、ブラック企業のレッテルを貼られてしまいダメージを受ける企業も出ている。

ブラック企業の違法行為に気づけるよう、厚労省が開く労働法の出張説明会に若者が参加するなど、自衛の動きが出る一方、ブラック企業と認定されてしまい打撃を受ける企業もある。

企業の評判や管理などの相談を受け付ける「ネクストリンク」(東京)には、ネットで“ブラック認定”された企業からの相談が多く寄せられている。情報の発信源は、会社の労働条件や人材育成に不満を持つ社内関係者であることが多く、「悪評が立ったことで必要な人材が集まらなくなり、業績を伸ばせなくなるケースも出ている」と同社の大和田渉社長(32)は懸念。
取引先が悪評を気にして取引をやめたり、売り上げ減になったりする例もあったという。

大和田社長は「企業はブラックのレッテルを貼られないよう予防策を講じることが必要になってきた」と指摘。「誠意を持って労働環境を整備していけるかは人材を確保し、事業戦略を描く上でも重要になる」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000512-san-soci

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
fo18-2

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/28(火) 11:30:31.68 ID:???
ソースは
http://diamond.jp/articles/-/36532

[1/2]
多くの企業が導入している「ノー残業デー」。

「残業するのが当たり前」の風潮がある日本において、「ノー残業デー」は「働き過ぎ」を回避するためのものとして導入されているが、実際は形骸化しているという指摘も絶えない。ビジネスパーソンが体験している「ノー残業デー」の実態とはどのようなものか?アンケートはキーマンズネットが2013年4月18日~24日にかけて実施。有効回答数は506。

■ノー残業デーに「飲み会」 無給で残業のような気分に

キーマンズネットは、勤務先に「ノー残業デー」制度が「ある」(71%)と答えた人、「ない」(29%)と答えた人両方からのコメントを掲載している。

まずは「ある」派のコメントから紹介しよう。

「堂々と帰れるので、残業日とメリハリがついて有効に活用しています。ただ、家事という仕事がまってます」(40代・男性)
「いつも夜遅くまで仕事しているので、ノー残業デーでたまに早く帰れる日があると、
幸せを何倍も感じられます」(50代・男性)
「月に2回はあります。仕事が立て込んでいるとき、猛スピードで仕事をこなす自分が
いとおしいです」(40代・女性)

このように前向きなコメントが寄せられたが、メリットを感じているという声はどちらかというと少数派のようだ。

多かったのは、「“ノー残業デー”という名前だけで実際は帰れない」という次のような意見。

「ノー残業デーに飲み会をよくやるので、無給で残業しているような気がします」
(20代・女性)
「アナウンスが流れるだけで、強制ではない。ただ、早く帰りたい、という空気にはなる」
(30代・男性)
「ノー残業デーに無給の社内教育がある、これって無意味」(40代・男性)
「制度はあってもペナルティがないので誰も守ってはいない」(50代・男性)
「管理職には適用されないので、定時後オフィスには管理職ばかりが残って仕事をしている
(50代・男性)

なかには、「『ノー残業デー』の日はそれを口実に帰れますが、逆にそれ以外の日はかえって帰りづらい雰囲気を感じます」(50代・男性)のように、本末転倒な意見も。

-続きます-

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
001

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/14(火) 10:05:41.38 ID:???
残業代不払い、長時間労働など違法労働を強いる「ブラック企業」の実態を告発しようと、NPO法人「アジア太平洋資料センター」(PARC)が「ブラック企業にご用心!-就活・転職の落とし穴-」のDVDを制作した。「ブラック企業」と知らずに働き、体や心を壊す若者が増える中、関係者は「就職活動に励む大学生などに注意を促したい」と話している。

DVDは、現代版蟹工船と話題になった労働問題のドキュメンタリー映画「フツーの仕事がしたい」を作った土屋トカチさん(41)が監督した。被害に遭った当事者が会社から言われた言葉を再現し、ドラマ仕立てでブラック企業の特徴を描いている。

新人研修の場面では「労働基準法はうちではやっていない」「有給休暇なんてやっていたら会社は生き残れない」などの発言を紹介。また、長時間労働を強いられ自殺した人の遺族や過重労働でうつ病になった当事者、違法な状況を改善しようとして差別的な待遇を受けている労働者の声も紹介している。

若者の労働問題に詳しい法政大の水島宏明教授(ジャーナリズム論)は「大学生は、アルバイトで残業代のごまかしなどを体験している。就活を前にブラック企業の実態を知るツールが必要だ」と指摘。監督の土屋さんは「働くことで自死や精神疾患になる被害を受ける若者が
増えている。おかしなことがあった時は疑うことを忘れてはいけない」と話す。DVDは6000円(36分)。問い合わせはPARC(TELはソース参照)。

ソースは
http://mainichi.jp/select/news/20130514k0000m040067000c.html

■PARC http://www.parc-jp.org/
 YouTubeから、『ブラック企業にご用心!―就活・転職の落とし穴―
 http://www.youtube.com/watch?v=vz4pKWfCgbE&feature=player_embedded


この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/04/23(火) 15:43:31.66 ID:???
これもアベノミクスのおかげなのか、有効求人倍率も上昇気味だという。
厚生労働省は、「企業の中には景気回復を期待して、求人を増やしているところもある。
今後、さらに増えていくことを期待している」とコメントしている。

しかし、その頼りにすべきハローワークの実態は、完全に“ブラック化”しているよう
なのだ。

「求人倍率上昇のからくりは『カラ求人』ですよ。ハローワーク職員は公務員だから、
クビにできない余剰人員を抱えている。これを“求人開拓員”に仕立て上げ、地元企業を
回らせて『無料だから』と、求人する気もない企業に求人を勧めているのです」
(地方紙社会部記者)

仕事を選ばなければ、再就職口はいくらでもあるといわれるが、これも実態と
かい離している。
「よく、介護職の人材が足りないといわれます。相談窓口に行くと必ず『資格ある?』
と質問されますが、中年男性ではヘルパーの資格を持っていても需要はありません」
(中年求職者)

さらに、流行りの“ブラック企業”も求人に紛れ込んでいるという話もある。
厚労省職業安定局では、こうした“違法行為”が判明した場合、適宜ハローワークから
指導が行くと説明しているが、罰則規定はない。同局のスタンスは、おおむね
「ハローワークに求人を出す企業は、人を採用したいからという以外に理由は
ないのでは。応募する側の問題もあるのではないか」というものだ。
実際に就職が成立した「充足率」は、今年1月の実数では17.6%と、採用した会社は
4~5社に1社という状況だ。にもかかわらず、厚労省は求職者側の問題との認識なので
ある。

生活保護者が一向に減らないわけだ。

ソースは
http://wjn.jp/article/detail/6907671/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング