職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

実現

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_218

1: ケンシロウとユリア百式φ ★ 2013/10/12(土) 06:50:16.86 ID:???
雁屋哲原作、花咲アキラ作画「美味しんぼ」に登場する「究極と至高」のメニュー対決が、11月から朝日新聞と読売新聞の間で実際に行われることが決定した。

同作が連載開始から30周年を迎えることを記念して行われる、この「リアル美味しんぼ」。対決は岩手県、長野県、福岡県の料理をそれぞれテーマに、3本勝負によって行われる。勝敗は有識者による投票と、各地で行われる一般投票の結果により決定される予定だ。

勝負のテーマとなる3県では今後、一般投票会を兼ねた食べ比べイベントが実施される。詳細は公式サイト上で発表されていくので、参加を希望するファンはこまめにチェックしよう。

「美味しんぼ」は1983年10月より、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)にて連載されているグルメマンガ。主人公の山岡士郎らによる「究極のメニュー」と、士郎の父親である芸術家・海原雄山による「至高のメニュー」の対決は人気を博し、長寿シリーズとなった。本日10月12日発売のスピリッツ46号では、巻頭カラーで連載を再開している。

■朝日新聞チーム代表・一色清氏コメント

食とは心と心をつなぐもの。自分が素直に一番美味しいと思うメニューを発表したい。
料理そのものの味だけではなく、メニューの背景にある物語、メッセージを味わっていただきたい。

■読売新聞チーム代表・永峰好美氏コメント

相手の手の内を考えるより、自分が最高だと思うものを提案したい。
食べた後、ほっこりあったかい気持ちになって、
誰かに感想を伝えたくなるようなメニューができれば嬉しい。


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_04

1: スノーシュー(埼玉県) 2013/07/05(金) 14:07:09.89 ID:eT4yxV8XP BE:2585142465-PLT(12001) ポイント特典
ヤマト最短4時間で配送

ヤマトホールディングスはきょう「バリュー・ネットワーキング」と銘打つ新たな物流構想を発表しました。

その一つが、企業の荷物を中心に東京・大阪・名古屋間の当日配達の実現です。

大都市間の荷物輸送を1日に数回行い、荷物の回転率を重視する「止めない物流」を目指します。8月には厚木、9月には羽田の新拠点が稼働。

ヤマトホールディングスの木川眞社長は「今までにないスピード感と品質の高さとコストが上がらないこと。これが我々のバリュー」と意気込みを述べました。

すでに稼働している神奈川物流ターミナルでは通販会社に代わって商品在庫を保管。直接管理して顧客へ配送しています。これを支えるのは最新鋭の自動化システム。

図書館の書庫のようなラックには1万4,000個のコンテナが保管されていて、これを時速20キロで動くクレーンが行き来して商品を取り出します。人手を最小限に抑えても稼働できる体制が、夜間配送など消費者ニーズにいち早く対応するカギといいます。

リンク先に動画アリ。たった4人の倉庫は見る価値かるかも

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_44795

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-1

1: ウンピョウ(埼玉県) 2013/06/06(木) 21:50:53.14 ID:R1xu5zbSP BE:2133720746-PLT(12000) ポイント特典
「世界最高水準のIT社会へ」 政府の成長戦略素案 義務教育からのプログラミング、3Dプリンタ投資支援など盛り込む

政府が6月5日に示した成長戦略の素案には、「世界最高水準のIT社会の実現」に向け、オープンデータやIT教育推進に向けた改革案を盛り込んだほか、3Dプリンタなど先端設備への投資支援やクラウドファンディングにも言及している。

ハイレベルなIT人材の育成・確保のため、デジタル教材の開発や、双方向型の教育、グローバルな遠隔教育などの授業革新を推進。産学官連携でIT人材育成の仕組みを来年度中に構築し、義務教育段階からのプログラミング教育など、IT教育を推進するとしている。

公共のデータを公開する「オープンデータ」を推進。2015年度中に世界最高水準・1万以上のデータセット公開を目標に掲げる。オープンデータやビッグデータの利活用を推進すべく、個人情報・プライバシー保護に配慮したデータ利活用ルールの策定なども推進するとしている。

400Gbps級の光通信技術やネットワーク仮想化技術の実用化を促進するため、同技術の実証環境を来年度から産学官に開放。第4世代移動通信システム(4G)早期実用化のための制度も、年内に整備。来年までに新たな周波数帯の割り当てを行うほか、15年度までにさらなる追加割当候補周波数を確保するとしている。

民間投資の活性化策の1つとして、3Dプリンタなど先端設備への投資を後押し。リースを活用して支援する方策を検討し、8月末までに結論を得た上で、法制上の措置等必要な措置を講じるとしている。また、リスクマネー供給を強化するための方策として、クラウドファンディングを通じた資金調達の枠組みを検討。制度改正が必要な事項については金融審議会で検討し、年内に結論を得るとしている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1306/06/news115.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング