職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
l_05

1: 風吹けば名無し 2015/12/04(金) 00:14:31.19 ID:7TX2ksYM0.net
1.進学塾や有名私立校といった有用な教育機関を利用出来るから
2.優秀な親の遺伝を継ぐことが出来るから
3.勤勉な親から教育や躾を施されるから
4.生活環境・学習環境に恵まれているから
5.人的環境に恵まれるいるから
6.将来に対する意識が高いから
7.社会や人生・受験等に対する造詣が深いから
・・・どれや?


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
father

1: 名無し@おーぷん 2014/06/05(木)15:52:33 ID:SvNVfy7Ad
これはスルーしとくべきなのか(´・ω・`)

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
403

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/03/02 11:11:55 ID:f/P3rY0L0
高学歴の親→子供の頃から博物館、美術館に連れて行かれて、さまざまなものへと興味を持つ
低学歴の親→とにかく子供が欲しがるものをホイホイ買い与えるのが良い育児だと思っているから、ゲームばかりの子供の出来上がり  
最悪、パチンコ店の駐車場で蒸し焼きになったり、育児放棄される羽目に

高学歴の親は勉強の大切さを知ってるから、小さい頃から勉強させてくれるしな 
こうして学歴は再生産される 30歳・40歳になった時の人間としての円熟具合も大違い
俺も昔はいつまでも64しか買ってくれない親を恨んだけど、今では感謝してるは

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
l_118

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19(日) 08:48:40.31 ID:q/RsRJ410
お前らどうしてるの?今、ドアのない丸見え状態なんだが

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
oka2-M0177

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/10(金) 18:36:19.34 ID:???0
生活保護の実情訴える出版物相次ぐ

生活保護を受けている人たちへの世間の誤解を解きたい-。そんな思いで受給者や元受給者、支援者らが生活保護の実情を説明する出版物が相次いでいる。元受給者の実名や顔写真まで入ったインタビューが掲載されているケースもある。 

季刊雑誌「はるまち」は昨年十二月に、第二号が出た。受給者や元受給者へのインタビュー記事がメーンだ。「受給歴を世間に知られると中傷されやすい。それでも明かして『当事者の顔が見える』状態にし、実態を知ってもらおう」と、社会活動家の湯浅誠さん(44)が発案。東京都内に住む大学生の小林さよさん(23)に企画を持ちかけ、知人らが協力した。

小林さんは幼いころから生活保護家庭で育った。生活保護制度がなければどうなっていたか。
「その素晴らしい面を伝えたい」と意気込む。第二号の表紙などに登場した藤村貴俊さん(34)は、京都府京丹後市の職員。高校生のころ受給世帯だった。今は生活困窮者などを対象にした「寄り添い支援総合サポートセンター」の担当だ。はるまちは一部二百円で、A4判二十四ページ。問い合わせはメールで編集部=info@harumachi.org=へ。

昨年末には漫画「陽のあたる家」も発売された。主人公は夫と中学生の娘、小学生の息子と暮らす主婦。夫が病気で倒れて会社を退職し、生活に困って生活保護を受給したという物語。保護申請が心理的にすごく難しく、受給者が周囲から誤解されることなどを描き、学校のスピーチ大会での娘の訴えで誤解が解ける場面で終わる。

作者のさいきまこさんは「生活に余裕がなかった」と言う。「将来は生活保護かも」と考え始めた二〇一二年春、高給取りのお笑いタレントの母親が、生活保護を受けていたことが発覚。受給者をバッシングするような風潮が広まった。そこで「生活保護制度を正しく知ってもらおう」と、NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」で生活保護の申請同行なども体験し、生活保護制度をみっちり
勉強したという。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2014010902000003.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/09(月) 18:45:49.90 ID:g2mT2KHi0
子供と実家に帰るとか言い出したwwwwwwww

実は昇格したのにwwwwwwww

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
illust477

1: そーきそばΦ ★ 2013/10/06(日) 15:56:09.60 ID:???0
内閣府は、結婚相手を探すため地域で開かれる「婚活イベント」に、運営費など財政面の支援を検討している。

イベント費用などを賄うための「少子化危機突破基金」(仮称)を2014年度から創設する案が出ている。安倍内閣が力を入れる少子化対策の一環で、内閣府が7日に開く「少子化危機突破タスクフォース」(議長・森少子化相)の部会で、有識者を交えて具体的な議論を始める。

内閣府では、結婚から出産まで幅広く活用できる基金をすべての都道府県に設け、男女の出会いの場を地域ぐるみで企画する大規模イベント「街コン」などの費用を補助する仕組みを想定している。結婚しても経済的な理由で出産をためらう夫婦がいることを考慮し、新婚家庭や子どもの多い家庭が公営住宅に優先的に入居できるための支援も行いたい考えだ。

関西大の宮本勝浩教授(理論経済学)が5月に発表した試算によると、300人規模の街コンを年間2000回行った場合、交際を始めたり、結婚を決めたりしたカップルのデート代や結婚費用などで経済効果は年間約1400億円に上った。内閣府は、婚活支援が消費拡大や地域活性化にもつながると判断し、てこ入れすることにした。

読売新聞 10月5日(土)15時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131005-00000542-yom-soci
: 2013/10/05(土) 15:19:26.18
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1380953966/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images-1

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/04(日) 18:43:28.90 ID:0MKWOOgsO
娘が泣いちゃったwwwwwwwww
んんwwwwww
なんだなんだwwwwwwwwwwww

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
l_01

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/10(水) 21:42:29.69 ID:tlDRJN5r0
生活なんとかなるわw

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
baby15

1: 風吹けば名無し 2013/07/08(月) 11:02:57.92 ID:H0xKJy25
生活出来んやろ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: シンガプーラ(北海道) 2013/07/04(木) 21:55:26.13 ID:IH8VNL190 BE:2092673838-PLT(12018) ポイント特典
日本初の「町田市保健所方式」でわかった
64歳までの「引きこもり」は20世帯に1世帯!?

?引きこもりの人のいる多くの家庭では長年、本人も親も変わることのないまま、長期化、高年齢化だけが進んでいる。従来の30代以下の若年者に重点を置いた支援の仕組みそのものが限界を示していることは、もはや明らかだ。

そんな孤立して高齢化していく地域の実態の一角が、自治体のデータ上でも示された。

東京都町田市保健所が、市内の引きこもりの人たちの実態調査を行ったところ、20歳から64歳までの市民のうち、自分または家族が引きこもり状態にあると答えた人は5.5%に上り、20世帯に1世帯以上の家庭で身近に存在していることがわかったのだ。

http://diamond.jp/articles/-/38329

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング