images-1

1: タイガースープレックス(SB-iPhone) 2013/08/04(日) 16:44:55.92 ID:7I4S2pM0i● BE:723308562-PLT(12000) ポイント特典
3Dプリンターで家庭用品を出力すると、1年以内に元が取れる
ストーリー by headless 2013年08月03日 17時46分回収 部門より

3Dプリンターは低価格化が進んでいるものの、一般家庭で使われるようになるまでには時間がかかると考えられている。しかし、最新の研究によると一般家庭でも3Dプリンターで家庭用品を出力すれば1年程度で元が取れ、家計費の大幅な節約が可能になるそうだ(論文アブストラクト、 Computer Worldの記事、 本家/.)。

米ミシガン工科大学の研究者はオープンソースハードウェアの3Dプリンター「RepRap」を使い、シャワーカーテン用のリングやスマートフォンのケースなど、オープンソースのデータが入手可能な20個の家庭用品を出力した。出力には4時間程度かかり、材料費は合計18ドルだった。一方、同等の品をオンラインショップで購入すると、最低価格が合計312ドル、最高価格が合計1,943ドルだったそうだ。RepRapでの家庭用品作成を1年間に延べ25時間程度行えば、4か月から2年程度で元が取れ、投資利益率は40~200%になるという。RepRapの信頼性が向上し、価格がさらに低下すれば、一般家庭にも普及するだろうとのことだ。

http://hardware.slashdot.jp/story/13/08/03/007231/


Sponsored Link
この続きを読む