illust147

1: ツームストンパイルドライバー(埼玉県) 2014/02/01(土) 00:04:23.75 ID:uFEX3ErjP BE:2077085164-PLT(12025) ポイント特典
政府は、少子化問題など中長期の政策課題を話し合う会議を新たに設置し、議論を開始しました。年内に意見を取りまとめます。

「半世紀先を見据えて、中長期の課題について分析をし処方箋を議論していただき、それを具体的に2020年までに対応していくと考えていきたい」(甘利明 経済再生担当相)

政府が新たに設置したのは「選択する未来」委員会で、日本商工会議所の三村明夫会頭ら9人の民間の有識者からなります。

30日開かれた初めての会議には、内閣府が「現在の傾向が続くと2060年には人口がおよそ8700万人まで減少する」という試算を提示。これに対し、委員からは少子化対策に加えて、女性の雇用促進や地方の活性化などを求める声が上がったということです。

6月に政府がまとめる「骨太方針」に議論を盛り込むほか、年内に最終答申を政府に提出します。

http://news.tbs.co.jp/20140130/newseye/tbs_newseye2115597.html


Sponsored Link
この続きを読む