職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

引退

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
m_01

1: フェイスロック(家) 2013/09/17(火) 10:54:58.32 ID:eIJof7FI0 BE:1950435465-PLT(12012) ポイント特典
昨年の暮れに起こったペニオク報道以降、目立った芸能活動をしていないほしのあき。ブログも今年1月に、『皆様へ。』というタイトルでペニオク騒動を謝罪したのを最後に一切更新されていない。

ブログでは「今後は気を引き締めて、良識ある言動をしていくように努めていきますのでどうぞよろしくお願い致します」と締めくくっているが、“今後”に何も動きがないのが現状だ。

ほしのの姿が確認できるのは、SHEILAやスザンヌなどのママ友や山本梓、夏川純らグラドル仲間のブログのみで、芸能活動を再開したと呼べるものではない。やはり彼女の活動復帰には、騒動がいまだに大きな障害となり、立ちふさがっているのだろうか?

「そんな事は全然ないですよ。何をやっても数字の取れないバラエティーで、唯一計算できるのは『あの時の真相話します!』的な独占告白や涙ながらの謝罪モノです。その手の番組の企画会議会議では、いの一番にほしのあきの名前は挙がっています。ですが、事務所に連絡しても、『本人がやりたがらない』の一点張りなんです。本当に彼女が嫌がってるのか、事務所の方針なのかはわかりませんが、制作陣は出演オファーし続けるしかない状態です」(業界関係者)

加えて根強くウワサされているのは、13歳年下の夫・三浦皇成騎手との離婚問題だ。昨年末には、三浦が騎手仲間3人と若い女性5人でパーティーを行い、泥酔した挙句にそのうちの1人とキスをしていたと「女性セブン」(小学館)に報じられている。しかし、その疑惑に異を唱えるのが、夫婦と親しい放送作家だ。

「週刊誌やゴシップ誌は離婚秒読みと書きたがりますが、まず当分はありえないと思います。
先日も三浦騎手がお世話になっている厩舎の暑気払い(しょきばらい)に、夫婦揃って出席していたみたいです。本腰を入れて主婦業に専念するんじゃないですか? ほしは長年所属していた事務所も今年いっぱいで辞めるってトレセン内ではウワサになっていますよ。彼女もタレント活動に未練を感じていないようだし、周囲もおそらく止めないでしょう」(放送作家)
つづく
http://www.menscyzo.com/2013/09/post_6490.html


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
15

1: THE FURYφ ★ 2013/09/01(日) 20:52:21.42 ID:???0
世界的にも知られるアニメーション映画の巨匠、宮崎駿監督が「長編映画の製作から引退する」と、製作会社のスタジオジブリが発表しました。宮崎監督の最新作は、現在、イタリアで開かれている世界三大映画祭の1つ、ベネチア国際映画祭に出品されていて、三大映画祭に作品がノミネート中の監督の引退発表は異例です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130901/n60950410000.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ギコ(WiMAX) 2013/05/12(日) 20:17:34.57 ID:8p3fWX9x0● BE:1808179193-BRZ(10072)
テレビ通販ですっかり人気者となった高田氏は、作家の林真理子氏との対談の中で、今年は「覚悟の年」だと話す。

*  *  *

林:ご自身でもこんなに人気が出るとは思わなかったですか。
高田:いえいえ、人気なんかないですよ(笑)。自然体でお客さんに話しかけてきただけで、
訛(なま)りも取れないですしね。

林:台本がないんだそうですね。
高田:ないです。生放送だからといって、きれいに整えてしゃべる必要もないと思うんですよね。前に「ニュースステーション」で久米宏さんがキャスターをなさっていたとき、自由にご自分のスタイルでしゃべられたでしょう。あれと同じように、ものを伝えるのに、こういうスタイルでしゃべらなきゃいけないというルールはないと僕は思っているんです。自分のスタイルで、自分の言葉で、自分の訛りでしゃべるのが、お客さんにはいちばん伝えられると思うんですね。

林:何といっても、社長のキャラクターの強烈さが見ている人にすごいインパクトを与えましたよね。社長のお声を聞くと、ビートルズの声を聞いたときと同じアルファ波みたいなのが出て、癒やし効果があるってテレビで誰かが言っていたみたいですけど。
高田:いや、「あの声聞いたら、夜眠れない」って言われますよ(笑)。
今は僕以外にしゃべり手が十何人、ラジオを入れたら17人ぐらいいます。

林:ときどき違う方がやっていますけど、でもやっぱり、社長がいちばんインパクトありますよ。
高田:今からの課題は、若い人がどうこれを引き継いでいくかですね。僕も還暦を過ぎて、いま64歳ですから、「今年は覚悟の年」と言ってましてね。僕、取材のときに必ず申し上げているんですけど、今年、過去最高益が出なかったら社長をやめることになっているんです。

林:え、そんな……。
高田:それは宣言してますから、全社員それを認識しています。それだけみんな今年2013年はすごい覚悟をもって取り組んでいますよ。若い人には、走りながらバトンタッチしていかなきゃいけない。若者が結集して「ジャパネット」という会社を100年続けさせろ、と号令をかけているんです。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130511-00000004-sasahi-ind

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング