職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

心理

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ifn0076

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:48:22.79 ID:lxVZMdHI0
マジでなんなの?頭おかしいコミュ障なの?
じゃあお前は友達に話しかけられて返事せずにどっかいくの?
最低な屑野郎だな。


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: フルネルソンスープレックス(庭) 2013/09/28(土) 19:43:56.16 ID:qjk2jrusP BE:415733647-PLT(12001) ポイント特典
プライドの高い人ほど人を嫌う心理「誰かを傷つけることで、自分のプライドを保つ」

http://news.nicovideo.jp/watch/nw782702?news_ref=top_latest_bus

プライドが高い人は、よく他人と自分を比べて、自分がより優れている人間だと思い込もうとします。他人より優秀だと認められることで、自分が少しでも信じられるようになるからです。

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/21(土) 22:14:14.82 ID:zbuhYzAj0
10代

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ifn0002

1: 大地の恵みの蒸し物(131101)φ ★ 2013/09/17(火) 04:05:01.77 ID:???
たまらんわ!女性が思わずズキュンってなる男のキラーメール3つ

「どうして男性はこうもメールの返信が遅いのか」と、ため息をついた経験はありませんか? 男女の喧嘩の火種となる原因の多くにも、この“メール問題”が多く浮上してきます。

しかしながら男性の中には、メール無精にも関わらず、決めるところはバッチリと決めてくる人がいるもの。そんな人が、基本“モテ男”として紹介されているのではないでしょうか。

前回の記事「これは強力!男性の心をゆさぶる珠玉のラブメール文例3つ」では、女性が男性に送るメールの名フレーズについてご紹介しましたが、今日はその男性編をお届け。NTTドコモ主催の『愛のあるメール大賞』過去の受賞作品を参考に、女性の多くが思わずメールを保存しちゃうような文章を見ていきましょう。

■1:タイトル「とびこんで」本文「きな!」

いや~ドキッとした女性、多いのではないでしょうか。メールに慣れ過ぎていて、ついつい本文から先に読みがちな女性にとっては、「あれ? どういう意味だろう……」と思いながらタイトルを見た時のズキュン感はハンパないはず!

男性の包容力に魅力を感じる人も多いので、このメールはまさに鉄板と言えるかも!?

■2:「名字地味になるけどいい?」

普段は返信や口数の少ない彼氏でも、メールでこんなことを言われたら……この一通が全てを帳消しにしてくれるのでは


女性はあくまで“さりげない”一言に弱いもの。メールでのプロポーズはちょっと淋しいという声もあるかもしれませんが、最もさり気ないアイテムとして、すでに携帯電話は生活に浸透していると言えるかもしれませんね。

■3:「2周年迎えるのと、ウェディングケーキ食べるの、どっちがいい?」

こちらも同様に、“さり気ない”のに大事な内容であるそのギャップ感が、女性の心を撃ち抜くでしょう。

記念日を迎えるだけでも十分に嬉しいことなのに……「そろそろ、結婚しようか」というニュアンスの強いメッセージは、女性なら絶対“保護”してしまうこと間違いなし!

いかがでしたか? あなたの携帯にもきっと一通はある、嬉しい意味での“保護メール”。上記を超える胸キュンフレーズを、ぜひあなたも編み出してみてくださいね!

http://news.livedoor.com/article/detail/8071415/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 名無し募集中。。。 2013/07/08(月) 16:01:19.12 0
あの人たちがいるから生活できてるのにね

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
02l

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/31(金) 02:42:31.93 ID:nZ+m4WAU0
理不尽すぎてやばい

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング