職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

手数料

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
atm

1: トペ コンヒーロ(北海道) 2013/08/05(月) 12:01:34.63 ID:GxpVzMxb0 BE:6278019089-PLT(12019) ポイント特典
三菱東京UFJ銀行、土日祝日のATM手数料を無料化 コンビニは平日昼間も有料に

三菱東京UFJ銀行は、全国に約8400台ある自行のATMを、土日祝日も含めて午前8時45分から午後9時であれば、いつでも無料で現金を引き出せるようにする方向で検討していることがわかった。振り込みを含め、ATMの利用手数料を抜本的に見直している。

一方で、現在平日午前8時45分から午後6時に無料にしているコンビニエンスストアにあるATMの利用手数料を有料に切り替える。

「もっと自行のATMを使ってほしい」

大手銀行では現在、りそな銀行が時間外を含めた平日と土日祝日のATMの利用手数料を無料にしている。半面、コンビニATMでは、平日は105円かかる(平日夜間、土日祝日は210円。ただし、サークルKサンクスの「バンクタイムATM」は無料)。

現在、コンビニATMが平日昼間に無料で使える銀行は、三菱東京UFJ銀行のほか、地方銀行の一部でもあるが、最近では無料で使える回数を制限したり、有料に切り替えたりする動きがみられる。

他行のATMで現金を引き出す、「全国キャッシュサービス(MICS)」の利用と同じ、1回につき105円を利用者に求めるようになってきた。

ある地銀関係者は、「(コンビニも含め)ATMの設置ポイントは全国ほぼ網羅され、利便性の点では十分と考えている。これからはインターネットや自行ATMの利便性を高めることがポイントと考えていて、お客を自行ATMに誘導したい、もっと(自行の)ATMを利用してほしい、との思いはある」と話している。

ただ、大手銀行や地銀などはこれまで、自行店舗の補完的な役割をコンビニATMに負わせていた。1990年代後半の金融危機以降、銀行はリストラで多くの店舗を閉鎖してきた。その際に、コンビニATMへの利用を促すことでお客の減少を食い止めてきた経緯がある。

http://www.j-cast.com/2013/08/05180731.html?p=all


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bank_a21

1: アフリカゴールデンキャット(大阪府) 2013/06/24(月) 11:41:37.56 ID:JIItOBrQ0 BE:662501546-PLT(12000) ポイント特典
■純利益率20%! “異質な”ATM銀行「セブン銀行」の経営状況をチェック

セブン銀行は、現金自動預け支払機によるビジネスが中心。休日や夜間に利用客から得る105円や210円(いずれも消費税込み)といった手数料を積み重ねる。すなわち、ATM銀行である。

2001年のスタート当初は、メガバンクの関係者などから「ビジネスとして成り立つの? 」とか「銀行の本来業務ではない」などと冷ややかに見られたものだが、そんな低評価を覆し、立派にビジネスとして成立。今や高収益を実現している銀行だ。一般企業の売上高に相当する経常収益に対する純利益の割合はおよそ20%。最大手の三菱UFJFG約18%を上回る水準である。

セブン銀行が運営する、ATM1台の概要を見ておこう。

設置台数や利用総数などから計算すると、ATM利用者から得る手数料は1回平均130円強。そんな利用客が1日に110人以上もいることから、ATM1台が1日に得る収入は1万3,000円を超す。

一方、セブン銀行のATMはグループ内のコンビニやスーパーへの設置が中心だが、グループ内とはいえセブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂などに「設置・管理」の対価として手数料を支払うことになっている。そうした費用は、1台1日1,600円台から1,700円強である。

つまり、収入から費用を差し引いても、セブン銀行のATMは、1台ごとに、毎日1万数千円を稼いでいるわけだ。1年間では400万円を軽く超す。

烏賊ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130624-00000000-sh_mon-bus_all

■ATM導入を増やすほど儲かる? それともコスト?
■売上高は右肩上がりで上昇、従業員の平均年収は600万円台にダウン
■イオン銀行、地方銀行と比較すれば、セブン銀行の“異質さ”が見えてくる

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング