職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

新社会人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sumaho

1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/31(土)22:30:40 ID:1w3
最近の若いモンは…って台詞使うべき時がきた?


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
Thinker

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/25(火) 19:55:42.50 ID:Cs287Hvb0.net
学生のころから財布、定期、携帯などをよくなくしてたけど別に問題なく生活してた
社会人になってから事態が深刻化してきて毎日同僚や先輩に迷惑かけてる
今日も大事なプレゼンのデータなくしてあわや大惨事になるとこだった
このままじゃヤバいし真剣にこの癖を直したいんだけど何か方法とかあるのか?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 忍法帖【Lv=59,カンダタ】 2014/03/23(日)21:54:15 ID:nBUckrOmh
ここ気をつけろとか

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mig
1: ボブキャット(チベット自治区) 2013/04/04(木) 19:40:51.01 ID:Wtr821M5T● BE:1683646447-PLT(12001) ポイント特典
新年度が始まって4日目。新入社員を迎えた職場では、早くも「ゆとり世代」との衝突が起こっているようです。IT系商社に務める30代のAさんは、新人に業務説明をしているとき、その態度に驚きました。

「私が前でしゃべっているのに、新人の1人が下を向いてスマホをいじってるんです。カチンときたんですが、心を落ち着けて『何してるの?』と聞いたら、『え、メモ取ってるんですけど…』と言われたんですよ」

他の4人の新人は緊張したように姿勢をただし、紙のメモを取っていましたが、その男性だけが椅子に寄りかかって、机の下のスマホを操作していました。

Aさんは「話は相手に顔を向けて聞いてね。それからメモは紙に書いて。営業先でそんなことしてたら、お客に嫌われるよ」と言って、紙のノートを持ってこさせたそうです。呆れたAさんは説明会のあと、同僚のBさんにそのことを打ち明けたところ、「いや、そのくらいいいんじゃないですか」とあっさり言われてショックを受けました。

「メモは紙に書いても、後で読み返さないと言うんです。でも、常に携帯しているスマホなら、いつでもチェックできる。あとから書き足したり、整理しなおしたりするのも便利だと言うんですが…」

Bさんは数年前に新卒でウェブ系の会社に入り、最近転職してきた後輩。彼の前職の会社なら「たぶん何の問題もない」と首を傾げられました。

営業先では紙のノートだろう、と反論したところ、「確かにスマホは効率悪いですが、前職の営業は客の前でノートパソコンを開いてメモを打っていましたよ」という返事が。

しかし、話を聞く相手の顔や目を見るとか、そういう態度は重要ではないか。そこだけは譲れないとAさんが主張すると、Bさんは「態度だけ重視しすぎても、あんまり意味ないんじゃないっすかね」と、やはり異論をぶつけてきたそうです。

(続く)

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images-2
1: ベンガル(秋田県) 2013/04/06(土) 10:55:21.39 ID:MGyypVbu0 BE:2666525797-PLT(12001) ポイント特典
「やってらんねぇから昼で帰ったわ。」

2013年4月1日。入社式を終えたばかりとみられる新入社員が、

「昼休みでバックレる 公務員試験受けるわ」

と書き込んだ。

「朝から社長の話を全員正座して聞くとか、やってらんねぇから昼で帰ったわ。」
「帰ってきてから上司に辞めますってメールしたんだけど、明日から行かなくて良いんだよね?」

さらに、これには驚いた。

「朝一で電話で辞めました」

事実は確認できないが、入社当日に会社に行きもしないで辞めたというのだ。

入社初日と言わないまでも、すぐに辞めてしまう新入社員は毎年一定割合で存在する。「五月病」などといわれ、一般的にはゴールデンウイーク明けになると出社しなくなる人も、ぐんと増えるとされる。

一生懸命に就活して、やっとの思いで内定をもらったとはいえ、「自分の就きたい職業、職種ではなかった」、「不本意ながら、その会社しか内定がもらえなかった」と、
入社前から不安やためらいを感じていた人が、実際に会社に行ってみたところ、「自分にはあわない」と判断して辞めてしまった。そんな推測はできる。

とはいえ、そんなにも早く会社を辞めてしまうのは、なぜなのだろう――。しかも、そんな新入社員のカキコミは、じつにあっけらかんとしているのだ。
人事コンサルタントで「ブラック企業アナリスト」の新田龍氏は、「新入社員、会社、就職情報メディアのそれぞれに問題があります」と指摘する。
まず、新入社員にいえることは「社会人としての自覚がない」こと。「働いてお金をもらう、ということを理解していないパターンですね。また最近は部活やサークルの加入率が減って、
理不尽な目に遭ったことのない人の割合が増えています。学校でも本気で怒られたことがないまま大人になっているので、彼らは『怒られる』ことを『割に合わないこと』として忌避します。
会社を辞めても、転職支援サービスは充実していますし、再就職が難しくても、しばらくはバイトでもそこそこのお金はもらえますし、家族が養ってくれるでしょうから最低限度の暮らしはできます。
そういった環境要素も、安易な離職の温床になっています」と分析している。
http://www.j-cast.com/2013/04/06172514.html?p=all

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
156
211: 名無しさん@明日があるさ 2012/07/04(水) 16:21:57.89 O
働いたら負け

引用元: http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/employee/1330870480/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング