職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

新薬

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
040

1: そーきそばΦ ★ 2013/09/17(火) 00:24:22.33 ID:???0
皮膚表面の保護機能を高めるたんぱく質を増やし、アトピー性皮膚炎の症状を改善させる人工合成化合物を、京都大大学院の椛島健治准教授らの研究グループが発見した。新たな治療薬の開発につながると期待される。

論文は16日付の米医学誌電子版に掲載された。アトピー性皮膚炎は、皮膚の保護機能が低下することで異物の混入を招き、免疫異常が起きて発症する。皮膚の保護では「フィラグリン」と呼ばれるたんぱく質が重要な働きをしていることが知られており、アトピー性皮膚炎のほぼ全ての患者でフィラグリンが低下している。
 
研究グループは1000以上の合成化合物を対象に、表皮細胞を使ってフィラグリンが増えるかどうかを調べた。見つかった化合物を実際の皮膚により近い細胞で試したところ、フィラグリンの増加を確認。アトピー性皮膚炎のマウスに飲ませると、6週間後に明らかな改善が見られた。
椛島准教授は「アレルギー反応を抑える現在の治療薬に対し、皮膚の保護機能を強化する新たなアプローチで新薬開発が期待できる」と話している。 

時事通信 9月17日(火)0時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130917-00000001-jij-soci


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images

1: マヌルネコ(WiMAX) 2013/07/17(水) 16:42:52.10 ID:DPEj4OVT0 BE:3853656296-PLT(12001) ポイント特典
まったく新しい治療法

ついに「がんの克服」が現実のものになろうとしている。あらゆるがんに効果のある「特効薬」が誕生しようとしているのだ。5月に放送されたNHKスペシャル「がん~人類進化が生んだ病~」。そこで紹介されたがんの新薬が注目を集めている。その名は、「FAS阻害薬」。まさにこの薬が、がんの特効薬となる可能性を秘めているのだという。「この薬は、がん細胞だけに大きなダメージを与えることができるまったく新しい治療法です。

私たちは、これが画期的ながんの治療薬になることを期待しています」このFAS阻害薬の開発をした米ジョンズ・ホプキンス大学のガブリエル・ロネット博士は、力強くこう話す。しかし、これまでに数々のがん治療についての研究が行われてきているが、なぜこのFAS阻害薬がこれほど注目を集めているのだろうか。まず一つ目の理由としては、これまでの治療法ではクリアできなかったがんの性質を、克服する可能性が秘められているからだ。北海道大学大学院医学研究科特任准教授の西原広史医師は、人類がどんな知恵を集結させてもがんを克服できなかった理由をこう分析する。

つづく

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング