職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

日雇い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
god

1:03/26(火) 08:49:11.53: ppwUyNeer
辿り着けないのは仕方ないよな

Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
146

1: 2016/03/14(月) 22:49:45.05 ID:RYEcTyV4r.net
二度とやらんけどええ社会勉強になったわ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
146

1: 2016/01/30(土) 09:48:52.31 ID:kcQtpi1g0.net
リア充「おら!その資材!あっちに運んでけ!!」
ネラー系「はっ、はい!!」
リア充「持ち方ちげーよ!!こう持て!!こう!!」
ネラー系「こ、こう・・・ですか?」
リア充「ちげぇぇぇぇぇぇえええ!!!」
ワオ「ヒエッ・・・ガチでアカン奴やんけ」

知能も理性も教養も足りないリア充とかいうゴミは社会進出を諦めて・・・どうぞ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
undou

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/28(水) 16:46:12.66 ID:lZRM7odRK.net
派遣会社の面接明日だからスポット紹介して貰えるかな?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
263

1: バックドロップホールド(神奈川県) 2014/02/03(月) 01:45:28.78 ID:KerVKTMP0 BE:2143323656-PLT(12001) ポイント特典
安倍晋三政権は「失業なき雇用の流動化」を掲げ、雇用政策の見直しを加速化させている。労働関連の規制を「岩盤」とみなし、打ち破ればより多くの人が仕事に就けるようになるという。ただその一方で、「安上がりの労働者を増やす」「正社員の座がますます遠のく」といった懸念も出ている。
 
日雇いの登録型派遣で働く横浜市の男性(33)は昨年暮れ、東京都内の商業施設で商品を補充する仕事をしていてふと、将来への不安に襲われた。常用派遣で毎日この職場に来ているという10歳年上の男性が「ずっとこの現場というわけにはいかない」とつぶやくのを耳にしたからだ。

大学時代はアパレルや飲食業界への就職を目指した。だが、内定はゼロ。無職のまま卒業し、貯金が底をついた2006年夏、大手派遣会社に登録した。以来、派遣元からの電話一本でイベントの案内係、倉庫、オフィスと毎日のように職場を転々としてきた。今の手取りは月23万円程度。実家住まいの身にはそこそこだ。男性は「仕事の予定が埋まり出すと、適応して抜け出せなくなった」と話す。

「そろそろ正社員を考えないといけない」と焦りはする。それでも、ためらううちに月日は過ぎていく。

「ずっと日雇いで職歴がなく、面接で履歴書の空白を説明できるかどうか分からないから」

昨年11月、職を探している人1人につき、働き口がいくつあるかを示す有効求人倍率が6年1カ月ぶりに1倍台に達した。ただし派遣など非正規雇用労働者への求人が増えたためで、全求人に占める正社員の割合は前年同月より1ポイント減の41.5%。12年の全労働者に対する非正規の割合は38.2%に上り、20年前に比べ、16.5ポイント増えた。

http://mainichi.jp/select/news/20140202k0000e020126000c.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 2013/10/04(金) 11:56:47.56 ID:99CxkFuU0 BE:12919493-PLT(34546) ポイント特典
改革会議:派遣規制、緩和提言へ 「日雇い禁止」見直し

政府の規制改革会議(議長・岡素之住友商事相談役)の労働者派遣制度に関する提言案が明らかになった。厚生労働省が検討している派遣労働の規制緩和を支持し、日雇い派遣(契約期間30日以内)の原則禁止などを盛り込んだ改正労働者派遣法の見直しを求める内容。民主党政権で実現した派遣労働の規制強化を全面的に否定した。4日の会合で正式決定する。ただ、派遣労働の規制緩和は「不安定雇用を助長する」という批判も根強く、論議を呼びそうだ。

http://mainichi.jp/select/news/m20131004k0000m010139000c.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング