職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
illust3166

1: 風吹けば名無し 2015/08/20(木) 00:13:56.07 ID:CJK7g/Bqp.net
人前で笑えなくなるよな


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/04(月) 19:08:20.14 ID:???0
★女性がどうしても好きになれない男性 -「歯が汚い」「人生の目標がない」

今日も肩にフケがすごいな、彼。話してみるといいヤツだし、結構冗談も通じるし、面白いんだけど、やっぱりあのフケだけはどうしても受け入れられない私……。今回は、マイナビニュース会員のうち女性200名に、どうしても好きになれない男性について、聞いてみた。

Q.どうしても好きになれない男性はいますか?

はい 61.5%
いいえ 38.5%

(略)
■総評
女性がどうしても好きになれない男性、「不潔」という回答が非常に多く、その理由としては、常套句「生理的に受け付けない」という声が過半数だった。もう少し具体的に「歯が汚い」「髪が長い」「太っている」「ごはんの食べ方が汚い」「服装がだらしない」などといった回答もあった。また「きれいにするのは努力でできるのに、その努力を怠っている」と、意識の低さを問題視する声も寄せられた。とにかく清潔でこぎれいな男性でないと最初からムリ、と考えている女性が多いようだ。

性格面での指摘で多く見られたのは「わがまま」で「自己中心的」な男性。自慢話ばかりするような人や"上から目線"の男性にも、女性は敏感だ。また、自己中の最たるものであるナルシストも人気は低く「勘違いしている人が嫌い」という厳しい意見もあった。女性は総じて、周囲に気を配れず、自分だけで完結しているような男性をイヤがる傾向があるようだ。

その他、細かすぎる、気分屋、ガサツ、愛想なしなど、苦手に感じる性格はいろいろ挙げられていた。すぐ怒鳴る、威圧的な態度、ギャンブル好き、ストーカー気質の男性たちも、身の危険を感じるのか、近寄らないように警戒する女性も多いようだ。見た目や言動が「軽い」男性も、受け入れられない女性が多いようで「ウソを平気でつきそう」「嫌悪感」「不快」と拒否反応が見られた。

人間としての資質を問うような声もあった。「常識がない人」「器の小さい人」「人生の目標がない人」を好きになれないという意見は、なかなかシビアかもしれない。女性に好かれたいなら、やっぱり心も身体もキレイに磨くことだ。

http://news.mynavi.jp/news/2013/11/04/022/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
dental_008

1: ピューマ(家) 2013/05/22(水) 09:56:10.84 ID:G1drXn7P0 BE:2275508257-PLT(12012) ポイント特典
「歯」って再生できないの?

幼い頃から歯磨きが下手で、虫歯の絶えない子どもだった。口を開けば銀歯がのぞくのは、子ども心にもなんとなく格好悪くて、永久歯に生え替わった時には、今度こそ歯を大切にするぞと誓ったものだ。

しかし、大人になってからも虫歯と無縁ではいられず。健康なまま保っている人を見ると、うらやましくてしょうがない。虫歯になった歯というのは、もう二度と再生しないのだろうか?
「歯の再石灰化」という言葉を聞いたことがあるが、これによって再び健全な歯を取り戻すことができる可能性はないのか。あおぞら歯科クリニックの岡田崇之院長に聞いてみた。

「歯の表面は、エナメル質という硬い層で覆われています。このエナメル質からミネラル分が溶け出してしまう現象を『脱灰』、逆にエナメル質にミネラル分が再び取り込まれる現象を『再石灰化』と呼びますが、歯はこの2つを繰り返しています。ただしこの再石灰化というのは、あくまで溶け出したミネラル分を補完するレベルのことで、虫歯で穴があいてしまったエナメル層を元通りにするようなことはできません」

岡田先生によれば、脱灰とは口のなかの細菌が発生させる酸が起こす現象で、それを唾液に含まれるリン酸カルシウムが修復してくれるのが再石灰化だという。いずれも歯において日常的に起きている現象だが、これによって欠けた歯が再生することはあり得ない。

でも、最近は再生医療も進んでいるし、再石灰化による再生は無理でも、将来的には一度失った歯を取り戻すことも可能なんじゃ…。

「まだまだ研究途上のジャンルではありますが、再生医療のなかでも歯は再生が難しい部位とされています。皮膚や粘膜は組織構造が比較的シンプルで培養しやすい面がありますが、これに対し歯というのは、歯髄と呼ばれる内部の神経や、歯の本体を構成する象牙質をはじめ、皆さんが思われている以上に複雑な構造でできています。発生学的にも、ばらばらに生まれたパーツが組み合わさってできた部位とされ、当面、人工的に再生させることは困難のようですね」

うーん、残念。ということは、やはり今ある歯を大切に守っていくのがベスト。皆さんもお気をつけて。

http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20130521/R25_00029859.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング