職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 名無しさん@そうだ選挙にいこう(愛知県) 2013/07/21(日) 12:51:35.83 ID:/qk88jIO0 BE:425473128-PLT(12003) ポイント特典
東大医学部で出世しない灘高生 商人文化が生んだ孤高の進学校

「灘高から東大医学部に進んだ人は出世しません」 東大病院で働く灘高校卒の医師はこう断言する。

西の雄、灘高は今春、東大理科・類に二十七人の合格者を出した。開成高校は八人、筑波大附属駒場高校は七人。東のトップ2の合格者を合計しても灘高の半分程度だ。遡れば、東大の科類別入試が始まった一九六二年以降の四十年余りで灘高の理・合格者は六百六十四人。二位のラ・サール高校(三百九人)を大きく引き離す。

石を投げれば灘高出身者に当たる状況だが、その中で東大医学部の教授になれた人間は驚くほど少ない。日本の医療界で隠然たる権力を持ちうる臨床系教授は、過去に三人(客員・特任を除く)。医師国家試験に出題される主要診療科に限れば、昨年一月、田中栄氏が整形外科教授に就任したのが初だ。

「灘の人間は人間的には幼稚で言いたいことを言ってしまう。そして、仲間割れをする」 灘高卒業生の一人は・・・

http://www.sentaku.co.jp/category/culture/post-2916.php


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
black%2520cap%2520of%2520university%2520student

1: ジャガランディ(やわらか銀行) 2013/06/01(土) 13:32:05.20 ID:wDX3appr0● BE:1063680285-PLT(12001) ポイント特典
GW合併号特別企画 第1部?学校名が生きるのに邪魔だった 社会に出てつくづく感じた受験秀才の「限界」開成、灘、筑駒 卒業30年後の「神童」たち

天才と呼ばれた子どもたちは、大人になって幸せになったのだろうか

「小学校時代は神童と呼ばれました」。3校の卒業生は必ずそう言う。少しズレた感覚で青春を送った彼らも、大人になり、50歳を前にして思う。俺はいつから「特別な人間」じゃなくなったのか?。

「自分は特別なんだ、ずっとそう思って生きてきました。でも自分の会社人生の先が見えてきて、気づいたことがあります。ひょっとしたら、灘高卒という学歴は俺にとって邪魔だったのかもしれない、って」

そう語るのは、メーカー勤務のAさんだ。小学校時代はもちろん「神童」で、東大法学部から大手メーカーに就職。自分では同期の誰よりも優秀だと思ってきたが、50歳を前にして、役員になれないことがハッキリとわかった。

「中学生の時代から、親であれ親戚であれ、同級生であれ、『周囲に尊重されている』という安心感に包まれて生きてきた。しかし、会社組織はもちろん、自分が築いた家庭においても、無条件に尊重されることはありえないんですね。家では妻に役立たずと言われ子どもに無視され、会社も私を役員には選ばなかった。

灘高卒でなければ、もっと謙虚に生きられたかもしれない。そう思うことはあります。それでもなお、私にとって『灘高を出た』という事実は大切です。理屈ではなく、心と身体に染みついた、大切なアイデンティティなんです」

>>2以降に続く)
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35789

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング