medical-diagram-of-brain-clip-art_432758

1: ストレッチプラム(やわらか銀行) 2013/09/04(水) 23:28:10.97 ID:6XWoMRA40 BE:717983993-PLT(12000) ポイント特典
大学生活謳歌する“天才”11歳、米大学の教授「とても優秀」と太鼓判。

今年も3分の2が過ぎて9月を迎え、一般的な日本の学校では2学期が始まったが、米国では新学年のスタート。多くの子供たちにとっては、さらなる成長を目指して気合が入る時期だが、中でも人一倍やる気に溢れ、周囲から大きな期待を集めている男の子がいるという。11歳の彼は、大学進学適性試験(SAT)で優秀な成績を収め、昨年テキサス州の大学に合格し、物理学者を目指して大学生生活を送っている“天才”だ。

http://d2tu4pb4f28rzs.cloudfront.net/site_img/photo/2013-09-04-164401.jpg

米放送局NBC系列KXAS-TVやCBS系列KTVT-TVなどによると、この少年は、テキサス州フォートワースにあるテキサスクリスチャン大学に進学した11歳のカーソン・ヒューイ=ユーくん。彼は昨年、大学入学に必要な試験SATで2,400点満点中1,770点を記録して合格したそうで、この大学では「おそらく史上最年少」(米放送局ABCより)の学生だ。

「学校が大好きで、特に問題を解いている時が楽しい」と話すカーソンくん。普段はテレビゲームが大好きで、弟と取っ組み合いのけんかもするなど、普通の男の子らしい面も見せる彼だが、母クラレッタさんによれば、天才の片鱗は小さな頃から覗かせていたそうだ。

1歳で字が読めるようになると、その後は数字に高い関心を示すようになり、高校の勉強を始めた5歳からは代数や微分積分にも取り組んでいたという。さらに、ピアノも習い、中国語も話せるというから、秀でているのは数学だけに限らないようだ。

>>2以降に続く)
http://www.narinari.com/Nd/20130922877.html


Sponsored Link
この続きを読む