image137

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/09(月) 19:25:36.26 ID:???0
新宿や渋谷から幕張に向かう際に不便だとの声が絶えないのが、新木場駅で東京臨海高速鉄道(りんかい線)からJR京葉線に乗り換えなければならないことだ。両路線の線路は物理的にはつながっているが、運賃精算がネックでなかなか実現してこなかった。

だが、千葉市の熊谷俊人市長が2013年12月の市議会で、16年度にも直通電車の試行運行を目指し、JRに働きかける方針を明らかにした。仮に実現すれば、幕張に行く人にとっては利便性が向上しそうだ。どのようにして実現しようとしているのか。

現在、渋谷・新宿エリアから幕張に向かうには大きく2つのルートがある。ひとつは中央線に乗って東京駅で京葉線に乗り換える方法だ。だが、東京駅の中央線ホームと京葉線ホームは非常に遠く、乗り換えには8分程度もかかって非常に不便だ。

もうひとつが、りんかい線経由だ。新宿からりんかい線に直通する列車に乗り、新木場で京葉線に乗り換えて幕張に向かうルートだ。実は新木場-葛西臨海公園の間には、りんかい線と京葉線を結ぶ連絡線が設けられており、両路線の電車は相互に直通運転することができるようになっている。だが、この連絡線はほとんど使われておらず、利用者は乗り換えを余儀なくされているのが実情だ。

その主な理由が、料金の精算問題だ。りんかい線はトンネル建設に多額の費用がかかったこともあって、運賃が割高になっている。前出の2ルートを例に引くと、新宿から海浜幕張に行く場合、東京駅乗り換えの中央線経由だと片道620円なのに対して、りんかい線経由は920円もする。

この状態で幕張まで直通運転をしてしまうと、運賃は中央線経由で計算されることになる。りんかい線からすれば、新木場駅で一度乗客を降ろして改札を通らせなければ割高分を「取りっぱぐれる」という訳だ。

逆に言えば、この点さえクリアすれば、直通運転に向けた障害は少ないと言ってもいい。例えば12年3月には幕張メッセで行われた「第37回国際食品・飲料展」(FOODEX JAPAN2012)では、主催者が新宿と海浜幕張を結ぶ臨時電車を走らせた。乗客は招待者などの関係者に限られた。

http://www.j-cast.com/2013/12/09191233.html


Sponsored Link
この続きを読む