images

1: サビイロネコ(埼玉県) 2013/06/02(日) 18:16:23.82 ID:JnlKLWpIP BE:1867005937-PLT(12000) ポイント特典
いじめ、過去最多に 12年度個別労働相談

滋賀労働局に寄せられた民事上の労働トラブルなどに関する二〇一二年度の「個別労働紛争相談」のうち、「いじめ・嫌がらせ」が全体相談件数の二割を超え、過去最多の五百十二件(前年度比3・9%増)に上った。担当者は「不安定な雇用状況や職場環境の悪化が増加の背景にあるのではないか」と分析している。
 
「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は増加傾向で、一〇年度以降、相談内訳のなかで多い区分となった。相談事例としては、同僚から「辞めろ」「動きが悪い」「仕事に向いていない」などの行き過ぎた言動、職場の仲間からの無視、上司から罵声を浴びせられるなどのパワーハラスメント(パワハラ)もあった。
 
相談は、個別労働紛争解決制度に基づく対応で、〇一年十月にスタートした。労働者らの申し立てで、労働局長が助言や指導ができる。あっせん申請があった場合には、専門家ら第三者でつくる紛争調整委員会があっせん案を示す。 一二年度の助言・指導件数は過去最多の百九十三件。あっせん申請件数は七十三件だった。「個別労働紛争相談」全体件数は二千三百五件だった。
 
滋賀労働局では「総合労働相談コーナー」を県内四カ所に設置しており、担当者は「まず相談をしてほしい」と活用を呼び掛けている。

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20130602/CK2013060202000007.html


Sponsored Link
この続きを読む