職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

禁止

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
sumaho

1: 2016/02/18(木) 02:12:48.746 ID:iFiuO0U00
普通興味もないブスに連絡先聞かないよな?


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
wax_man

1: 2016/09/06(火) 07:12:45.000 ID:XA0XtEXE0
1万以上の買い物(要許可)
楽器 FPS SNS ネトゲ←永久不可
車 バイク (趣味車)
髪のワックスwwwwww
交友関係 飯同伴にも許可制
他の女との必要以上の会話
既読無視 (要即対応)

付き合った当初は一切無かった
相手両親にも挨拶して逃げ場が墓しかない

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
think

1: 2016/03/22(火) 07:03:26.698 ID:N8VXr6Y/0.net
おかしくない?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 2016/02/03(水) 09:17:20.505 ID:ukBpV2BOa.net
なんかおすすめない?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
seishain

1: 田中◆nlLqfjR3/kcb 2014/04/15(火)21:23:30 ID:SLo7Djdhm
勤務時間が短いパートタイム労働者のうち、正社員との賃金格差を禁じる人の範囲を広げる改正パート労働法が15日、参院厚生労働委員会で可決された16日の参院本会議で採決の見込みで、今国会で成立の見通しになった。

3カ月や6カ月単位の約束で働く有期雇用の人でも、 正社員と職務内容が同転勤や異動などの人材活用の仕組みが同じ――の二つの条件を満たせば正社員との間で賃金や研修機会に差をつけることを禁じるいまは雇用期間が決まっていない「無期雇用」も条件だったのを外す。

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/ASG4H4RG0G4HULZU009.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 本多工務店φ ★ 2013/11/13(水) 01:27:23.11 ID:???
医薬品・健康食品ネット販売のケンコーコム は12日、処方せん医薬品のネット販売が禁止されているのは違憲だとして国を提訴した。同社は楽天が株式の過半数を保有する子会社。

ケンコーコムが発表した資料によると「処方せん医薬品は医者の処方にもとづき薬剤師が調剤するものである点でリスクの性質が異なり、 諸外国において郵送での販売が認められている」として「ネット販売を禁止することは違憲無効」とした。

菅義偉官房長官は12日午後の会見で訴訟について、裁判の中で争う姿勢を示した。またネット販売を認めない医薬品について「厚生労働省の医薬品の専門家の審議会の中でダメだという方向が出た」として、規制が残ることに理解を示した。

同社は、国を相手に大衆薬をネットで販売できる権利の確認を求めていた訴訟の原告の1社。 裁判は今年1月に最高裁が、ネット販売権を認めた二審判決を支持し国の上告を棄却。薬のネット販売を禁止する省令は違法で無効だと指摘した。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MW5C7A6JTSER01.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ifn0076

1: ダイビングフットスタンプ(埼玉県) 2013/10/08(火) 10:57:44.83 ID:q41PZeZZP BE:3461808858-PLT(12050) ポイント特典
ペースメーカー「携帯の影響ほとんどない」と総務省 電車内マナー変わる?
■鉄道会社見直しの動き

電車内の携帯電話マナーが変わるかもしれない。

「携帯電話が心臓ペースメーカーに与える影響は小さい」として総務省が今年1月に指針を緩和したことで、鉄道会社が優先席付近の乗客に呼びかけてきた「携帯電話電源オフ」の車内放送を見直す動きが出ているためだ。ただ、利用マナーの観点からも「電源オフ」を継続する鉄道会社もあり、専門家は「トラブル防止の観点からも各社で(呼びかけを)統一するべきだ」としている。

総務省によると、携帯電話がペースメーカーに影響を及ぼした例は一度も報告されていない。

総務省の担当者は「鉄道会社には実態に合わせて見直してほしい」と話す。

京阪電鉄は指針の緩和にいち早く反応。3月から混雑時を除き「電源オフ」の呼びかけをやめた。近鉄や阪神電鉄は今後、車内放送の見直しを含め検討を進めるという。JR西日本は「とりあえず現状のまま様子をみたい」との姿勢だ。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/8134846/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/24(土) 17:17:44.37 ID:IMGOdI2q0
MARCH卒業。
某大手会社に所属
年収-15まんwwww

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
image65

1: エルボードロップ(大阪府) 2013/08/17(土) 21:59:16.50 ID:Etvn5HOc0 BE:3433644858-PLT(17440) ポイント特典
日本では最近、「ブラック企業」が頻繁に話題になっている。これは何も日本だけのことではないようだ。中米ホンジュラスのとある企業で、驚くべき就労実態が暴露され、物議をかもしている。
 
・従業員にオムツ着用を強制か?
その企業ではなんと、トイレに行くことを禁じて従業員にオムツを着用させていたと、元従業員や労働組合の訴えにより明らかになった。しかし企業側はこの主張が嘘であるとして、否定している。これが事実なら超絶ブラック企業ということになるのだが……。
 
・生産性低下を避ける目的
この訴えは同国の労働組合の会合で、事務局長が明らかにしたものだ。米韓出資による企業「キャンシン リア ホンジュラス電気配電機構」は、生産性の低下を避けるため従業員に大人用オムツを着用させて、トイレに行くことを禁じていたとしている。
 
・自発的に購入を仕向ける
しかも企業側はオムツを供給していた訳ではなく、女性を中心とした従業員に、職を失う可能性をちらつかせて自発的にオムツを買うように仕向けていたというのだ。これらは元従業員の証言によるものであり、事務局長は速やかに当局に捜査を進めるようにと要求している。
 
・企業は訴えに反発
これに対して企業側は、まったくの虚偽証言であるとして反発。企業の法定代理人は、「これまで会社は、労働法に違反したことがない」と説明しているそうだ。だが、7年間務めた経験を持つ元従業員の女性は、メディアに対して次のように話している。

「トイレに行くことを許可してもらえなくて、オムツを着用しなければいけないなんて、恥ずかしいことです。しかしこの主張に認める従業員は大勢います」

と話し、「虚偽証言」とする企業の考えを一蹴した。
 
・実態解明を進める
ちなみに同国の労働大臣はすでに30名の調査チームを派遣し、実態解明を進めているという。それにしても、生産性維持のためにオムツまでつけさせるとは、ブラック企業という言葉では済まされないくらいかもしれない。

http://rocketnews24.com/2013/08/17/360042/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
036

1: 本多工務店φ ★ 2013/08/02(金) 22:00:22.24 ID:???
仕事は深夜よりも早朝に―。
伊藤忠商事は2日、残業削減に向け社員の働き方を夜型から朝型に変えるため、深夜の残業を禁止し、早朝の時間外手当を増やす新たな制度を10月から試験的に始めると発表した。

夜の残業は疲れる上、区切りがつきにくく効率が悪い。同社は「業務の効率化や健康管理だけでなく、家庭や子どもを持つ女性も働きやすくなる」と新制度の狙いを話している。

新しい勤務制度の狙いは、勤務時間の午前9時から午後5時15分の間に仕事をできるだけ終わらせ、残業しないようにすること。やむを得ない場合も、翌朝に「残業」するようにする。

早朝に働くメリットを感じられるよう、午前5時から同9時までの時間外手当の割増率を従来の25%から50%に引き上げる。同8時前に仕事を始めた社員には、バナナやヨーグルトなどの軽食を無償で提供する。

一方、午後8時以降の勤務は原則禁止する。午後10時から午前5時の勤務は禁止し、午後10時には完全に消灯する。

対象は管理職を含めた国内の正社員約2600人。来年3月末までの時限的な措置で、残業時間の変化などを検証し、正式に導入するか決める。

ソース:スポニチ・アネックス
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/08/02/kiji/K20130802006344540.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング