職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

老人

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
l_153

1: 2017/03/12(日)16:36:10 ID:xZR
クレーマー「おまえかぁっ!いつも電話してきやがって、この野郎!」
この後10分近く、怒鳴られ続けるが当然身に覚えがない
ワイ「お客様の対応をしたのは私ではございません」
クレーマー「証拠あんのかよ?あん?」
ワイ「私、現場今日が初めてです」
クレーマー「あー(困惑)、ごめんね。頑張ってね」

ちなクレーマーはクレジット延滞の常習犯


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
pc

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/02(金)19:24:19 ID:ni0kC1gqz
なんとなくやったらできるだろこんなん……

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
images-1

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/06/14(金) 11:27:00.60 ID:???
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。

訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。

同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。

裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130614-OYT1T00064.htm?from=main7
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130614-869793-1-L.jpg
認知症の女性が購入した洋服の一部。同じようなデザインの服が多数ある
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130614-869754-1-L.jpg

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング