職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

老化

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images
1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/30(火)16:50:32 ID:1dzNlx5GL
最近に至っては幼稚園児みたいな出来事で(食べ物落としたとか)
泣いたりわめいたりするようになってる
後なんか予定とか将来の目標みたいなのがまったく考えられない


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
think1

1: サッカーボールキック(岡山県) 2013/11/14(木) 22:17:15.54 ID:QUEDSrBQ0 BE:3923761695-PLT(12030) ポイント特典
35歳を過ぎて若いころと変わったと感じることランキング(男性編)

1位 白髪がぐんと増えた
2位 人の名前が出てこない、覚えられない
3位 飲んだ分だけおなかの周りに肉がつくようになった
4位 物忘れが激しくなる
5位 少し動くだけで息切れしてしまい体力の衰えを感じる
6位 「おじさん」と言われるのに抵抗がなくなった
7位 高校生や大学生が子供に見える
8位 友人との話の内容が「恋愛」より「健康」にシフトした
8位 昔ほど、女性に対してがっつかなくなった
10位 ダイエットしても、ちっとも痩せなくなった

http://ranking.goo.ne.jp/ranking/999/kxvHIu_ELEty/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/09/28(土) 12:47:33.88 ID:???0
アラフォーにもなると、若い頃の容姿はそのまま保たれているわけではなく、かつてのイケメンすら見る影もないことも。その証拠に、20代女性100人に、「あなたの周りに40代のイケメンはいますか?」と聞いたところ、なんと8割以上が「NO」と答えているのだった。

では、残りすべてがブサイクなのかというと、それは確かに極端である。 しかし、年齢の影響により、「ブサイクに見える瞬間が増えているのは確か」と、女子たちは指摘する。

「40を過ぎると、顔のつくりではなく、行動そのものが『うわぁ』となり、ブサイクに映ることが多いですね」(26歳・経理)

「若い頃と同じ感覚でいると、劣化した分、痛さが際立つというか……やっぱりブサイクですね」(24歳・IT)

「同じ下ネタでも、若い人が言うのとでは、印象が変わる。40代がその話にノリノリだと、たちまちキモいオッサンに見えてしまう」(25歳・貿易)

とまぁ要するに、いちいち言動に気をつけなければ、「ブサイク認定」されてしまう年齢でもあるということだ。放っておけと言いたくなるものの、知らない間にブサイク呼ばわりされるのはたまったものではない。現実を思い知るべし!
 
http://nikkan-spa.jp/508914

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ナガタロックII(家) 2013/09/18(水) 09:52:59.56 ID:zmlRlhD/0 BE:780174443-PLT(12012) ポイント特典
女性にとって、「フケたかも」という気づきは死活問題になることがあります。外見的なフケ、内面的なフケ等いろいろありますが、それに直面した場合は奈落の底に突き落とされたような気分に…。

今回は、そんなふうに女性が「フケたかも」と実感する瞬間を集めてみました。

1.目の下のクマのせいで「疲れてるの?」と心配された時

いつも通りメイクをして出かけたのに、友達に「なんか目の下のクマ、ひどいよ。疲れてるの?」と言われてしまった。全然疲れてないし元気なはずなのに、容赦なく現れるクマ。自分では気がつかなかったけど、周りの人から見たらそんなにひどいの…?第三者に指摘されたことによって、現実を突きつけられた感が増しますよね。そんなことを言われた日には、コンシーラーを求めてドラッグストアに一直線かも。

2.笑顔の写真にほうれい線と目尻のシワがくっきり写っていた時

友達とのスナップに、笑顔で写る自分の顔を見て驚愕。そこには立派なほうれい線と目尻のシワが!何これ…と鏡を見て確認すると、たしかにそれは存在している。ほうれい線と目尻のシワは、フケにつながる大きな要因の一つですよね。思わず、写真だけでも画像加工で隠してしまえー!と現実逃避に走りたくなります。

3.メイクを落とさずに寝た翌日肌がボロボロになっている時

眠気に負けて、メイクをしたまま夢の中へ。翌朝、メイクを落とすとそこには明らかにハリが失われ、荒れ放題になっている素肌が。たった1回クレンジングしなかっただけで、ここまでダメージを受けるなんて…。このダメージをどうやって修復しようと模索しつつ、“メイク落としは大切”という意味が身にしみてわかった瞬間です。

つづく
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130916-00000005-modelp

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング