images-4

1: 三毛(秋田県) 2013/04/15(月) 17:17:30.34 ID:UbPAhDrA0 BE:1523728894-PLT(12001) ポイント特典
桐生市職業訓練センター(安田隆所長、市内相生町五丁目)の主催講座が人気だ。「資格を取りたい、技術を身につけて少しでも有利に」
「趣味のスキルを上げたい」という理由に加え、同センターの積極的な受講生ニーズ調査やPRにより、2012年度の講座応募者数は11年度に比べ
45%も増加。今年度も5月スタートの講座は締め切り前に募集人数を超えるなど市民の注目度が高くなっている。
 同センターは1994年に開設。現在は桐生職業訓練協会が指定管理者となって施設の有効利用(貸室事業など)、人材育成に向けた主催講座など実施している。
 「より有効に活用してもらえるセンターにしよう」と11年度から講座受講生を対象としたアンケートを本格化させ、12年度の講座に反映。
同年度はストレス軽減や人生設計など12講座を一気に新設した。
 その結果、12年度は講座応募者が前年度比で約45%(424人)増、受講者も講座数を増やしたこともあるが、229人増えた。
 今年度は「玉掛け技能講習」「建築設計CAD講習」「ビジネス話し方」とより実務的な3講座を新設。さらに5種類の講座の受講生の要望などにこたえ、バージョンアップした。
 着任して3年目に入った安田所長は「時代にあった技能習得や能力開発の講座、デジカメ普及を踏まえた講座など幅広い人材育成のための講座を考えた」とし、
「今後も受講生などのニーズを把握しながら、講座を考えていきたい」と話していた。

http://www.kiryutimes.co.jp/news/0415/04151.html


Sponsored Link
この続きを読む