職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

若手

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
shigotonin

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/22(木)19:24:55 ID:JJwdg69eR
部下にするならどっち?


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
illust2419

1: リバースネックブリーカー(WiMAX) 2013/12/07(土) 09:32:37.56 ID:UBnUNAXN0 BE:3421824858-PLT(12001) ポイント特典
大手電機メーカー 若手が「お金が勿体ない」と忘年会中止に

今年の冬のボーナスはアベノミクスの恩恵が還元されたのか、バブル並みの伸び率で好調な企業が多い。

だが、同業種で軒並みアップと足並みを揃えたのは自動車くらいで、電機業界では、中国向けのエレベーター輸出などインフラ部門が好調な日立がかろうじて1万円アップにこぎつけた程度。

ソニーや三菱電機は7万円ダウンという厳冬を迎えることに。シャープ、パナソニックなど、この間、業績悪化が伝えられてきた企業も大幅なボーナス減となっている。とくに関西に本社を置く企業が厳しく、「東高西低」の傾向が強い。

0.16か月分増だったNECの50代生産畑の社員にしても、顔色は暗い。

「昨年までの減額分が、戻っただけというのが実態です。一番ショックなのは、毎年、会費を募って部内でやっていた忘年会が、若い連中から『お金がもったいない』との声が上がり中止になったこと。

俺が奢ってやるといっても、『お互いさまなので無理しないでください』とかえって気をつかわれて断わられるし」

原材料輸入価格の高騰が響く食品でも、江崎グリコの微増を例外に、キリンビールや日本水産が減額となっている。

ライバル企業同士でも明暗が分かれた。据え置きのANAに対し、コスト削減など業績回復著しいJALは5万円アップ。また、NTT東日本は据え置きに対し、NTT西日本は4000円ダウン。固定電話の収益が下がり、東西の顧客数の差が響いたという。

http://www.news-postseven.com/archives/20131206_229772.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
l_04

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/16(水) 08:11:09.99 ID:???
「若手のドライバーが集まらなくなった」という声をよく聞く。しかし、せっかく入社した若手のドライバーも3年で2、3割は辞めていってしまう。

高校卒業者の場合、3年以内の離職率は平成15年で42.5%、同16年43%、同17年41.2%、同18年38%、同19年35.3%、同20年30.9%、同21年30%。

大学卒業者の場合、同15年32.7%、同16年33.9%、同17年31.9%、同18年29.8%、同19年27.3%、同20年23.5%、同21年20.8%。

どちらも年々離職率は減少しているものの、「ようやく一人前になった若者」の2?3割が辞めてしまうのでは、経営者側からすれば厳しい状況といえる。

厚労省の「若手人材活用ノウハウ事例集」によると、「元ドライバーである社長は、トラック好きの社員の心をとらえてモチベーションアップを図っている」という。スタンダードと呼ばれる車両を使用する会社が多いのに対し、「トラックは出来る限りオプションをつけて最高級グレードにする。スタンダードよりも1台当たり200万円ほど高額になってしまうが、トラック好きにはたまらない」。

同社では「ドライバーは1日の大半をトラックで過ごす。トラックが職場そのもの」と考えており、いい車両ということで大切に乗れば燃費も向上して、結果的にはコストパフォーマンスが良くなるとしている。

社員らも「他社のトラックと並んだとき、ウチのトラックはかっこいい。いいトラックだとテンションが上がる」と喜んで、快適な職場に満足しているという。

各社が自社に合った「心をつかむ方法」を考えれば、若者の離職率はさらに減少していくのではないか。

http://www.weekly-net.co.jp/logistics/post-8983.php

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
19

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/08(水) 14:44:52.10 ID:???
自分は“やればできる人間”だと思っている「中二病」、そんな中二病を否定する「大二病」ときて、今、社会人2年目がかかりやすいという「社二病」が話題になっている。

主な症状としては、以下の通りだ。

「『やっぱ、仕事の後のビールはうまいね』と言ってしまう」
「栄養ドリンクは高いものを買うようになる」
「『残業が大変でさあ』と愚痴を言ってしまう」
「ビジネス書の受け売りや、聞きかじったことで『だからダメなんですよ』と会社批判や
上司批判をしてしまう」
「新人に『いつまでも学生気分でいるなよ』と言ってしまう」

とても“病気”とは言いがたいようなものが挙げられているが、いったい何が問題なのか。
精神科医のゆうきゆう先生に聞いてみた。

「精神医学で社二病という病気が定義されているわけではありません。でも、社会に出て仕事に慣れ、いろいろなことが“わかってきた”ときに陥りやすい心理状態を社二病と表現できるかもしれませんね。まあ、実際には“わかってきた”というより、仕事に慣れて生活スタイルが
安定したことで、心理的な余裕ができて、“いろんなことがわかってきたと勘違いしている”状態といえます」

わかってきたと勘違いしている状態が「社二病」……?

「いわゆる“知ったかぶり”ですね。社二病の特徴的な症状は『自分は社会人である』ことをことさら主張します。また、後輩などに『社会ってそういうもんなんだよ』と悟ったことを言ってみたりします。だから、『徹夜で仕事したんです』など、私は仕事を頑張ってます的な自己主張をしだしたら、社二病のなり始めなのかもしれませんね」

つまり、社二病とは、とにかく自分は一人前の社会人なんだとアピールしたがる病気というわけだ。「それに社二病は、中二病や大二病に比べて、社会性や一般常識がある程度身についている分、まともな意見を言ってるように思えるので、わかりにくいんですよ。自己顕示欲が強い大二病をさらにこじらせた感じです」(ゆうき先生)

そんな状態では、もし社二病にかかったら会社で出世することも難しいのでは……?人材コンサルタントの常見陽平氏は、こう指摘する。

「社二病になったとしても、それで出世に影響が出ることはないと思いますよ。ただ、社二病になると、自分は仕事ができるような気になって、調子に乗って上司に意見をしたり、仕事が終わった後の遊び方が派手になったりするんです。例えば毎日飲み歩くとか。そうすると、仕事が雑になったり、ラクなほうへいこうとするので、後で伸び悩むでしょうね。本来、2年目はまだまだ若手なので、自分の苦手な分野の勉強をするなどしたほうがいいんですけど」

社会人になりきれていない社会人がかかる「社二病」。仕事を覚えて早く一人前になれば、自然にそんな病気も治まりそうなものなのだが……。

(取材・文/村上隆保 イラスト/西アズナブル)
■週刊プレイボーイ20号「これが“リアル社二病”だ!!」より

ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/05/08/18930/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング