職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

説明会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: キャプテンシステムρφ ★ 2013/05/24(金) 13:06:57.78 ID:???0
宿泊客の減少に悩む鳥取県倉吉市関金町の関金温泉が活性化の起爆剤にと、東京や大阪などの都市部で暮らす20~30歳代の女性を対象に、接客や温泉のPRを行う若女将おかみとして、市の非常勤職員で雇用する公募を始めたが、反響がほとんどなく低調だ。

市の担当者は「ここまで知名度不足だったとは」と頭を抱えており、応募締め切りの27日までに“救世主”は現れるのか――。

若女将は旅館での接客をはじめ、各地への観光キャラバンに参加したり、インターネットで温泉をPRしたりするほか、地域の活性化に向けた提言も行う。任期は最長3年で、給与は月額14万5000円。住む場所や着物、移動手段の軽自動車も市が用意する。

4月8日に募集を始め、5月10~12日に大阪、名古屋、東京の3大都市圏で説明会を開いたが、参加者は大阪会場の4人だけで、東京、名古屋はゼロだった。電話での問い合わせは23日現在で1件のみで、応募は1件もない。担当者は「事前にインターネットで告知したり、まちづくりNPOなどに協力を求めたりしたが、知名度不足を痛感した」と肩を落とす。

市は18、19日に関金温泉の旅館で、布団敷きや温泉施設の浴場清掃などを体験するツアーを企画したところ、兵庫県西宮市と神戸市から2人が参加した。同市の女性会社員(36)は「初めて見る木や花も多く、自然が豊かだと感じた。人々も親切で溶け込めそう」と応募に前向きだ。

担当者は「温泉の復活には若い人の視点が欠かせない。地域おこしに関心のある人はぜひ手を挙げてほしい。県内の人でも親戚や友人が都市部にいる人は声をかけてほしい」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130524-OYT1T00599.htm?from=blist


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
middle_1267115282

1: ぽてぽんφ ★ 2013/05/13(月) 18:56:05.87 ID:???0
「無職は夢職」 活況の「無職説明会」ルポ

会社説明会や採用面接……。来春卒業を予定する学生の就活シーズンまっさかりの大型連休中、ちょっと変わった説明会が都内で開かれた。テーマは「無職説明会~大切なことは全て無職時代が教えてくれた」。「就職できなかったら自分の人生はダメだ」と諦めてしまう人に、無職の経験を生かした人たちが力強いメッセージを発信した。会社勤め20年を超えた記者も参加。無職という言葉からイメージする無気力、無関心とは正反対の盛り上がりに心を動かされた。

■無職のありのままを伝えたい
5月4日午後7時。東京・杉並区のイベント会場「阿佐ヶ谷ロフトA」で「無職説明会」が開かれた。この時期、企業の会社説明会は多く目にするが、無職に関する説明会はなかったと思う。案内の看板には「史上初!!の無職説明会」とある。総務省の労働力調査によると、2013年3月の完全失業者だけでも280万人おり、無視できない存在になっている。主宰したイベントプロデューサーの岡田紘樹さん(31)は「世の中に出ているのはネガティブな情報ばかりで、
就職していない=ダメ人間というとらえかたをされがち。自分を悲観してしまう人も多い」と切り出した。

「世の中にはなかなか出ない無職のメリットについて発信し、経験した人間だからいえる無職の大変さなど、ありのままの姿を伝えたい」とイベントの狙いを話す。説明会の講師役となる出演者の顔ぶれは多彩。無職だったにもかかわらず就職活動本を2冊出版し、就活生への講演もする霜田明寛さん(27)や俳優から無職になりハイパーメディアフリーターの肩書で活躍る
黒田勇樹さん(31)、自らの写真をフリー素材として提供する大川竜弥さん(31)など無職を経験し、今の活動に生かしている5人が壇上に並んだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO54808500Z00C13A5000000/?dg=1

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
a0002_003663
1: 就職戦線異状名無しさん 2013/01/12(土) 13:25:48.93
説明会から出してくれるとこない?

引用元: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1357964748/

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング