職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

貰えない

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mensetsu

1: 名無しさん@おーぷん 2014/05/23(金)15:27:31 ID:eK0WaJwdU
なぜなのか・・・・・・・・


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/05(木) 20:55:09.94 ID:dU2rEytU0
なに?

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
rireki

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/19(火) 03:02:25.54 ID:HCf/J2m10
あれ、俺だけ?wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
55

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/10(日) 18:35:18.87 ID:rUxZ4X+l0
足動かないのに障害年金貰えないとか
国はもっと広報しろ

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ミラノ作 どどんスズスロウン(愛知県) 2013/07/24(水) 12:37:01.92 ID:hqz3SxnU0● BE:2153952599-PLT(12003) ポイント特典
高偏差値大学生、就活では落ちこぼれ?
内定ゼロ東大生が増殖中 勘違い、バカ正直に、企業も辟易...

80.5%――。2012年新卒の大学生就職内定率は、00年以降3番目に低いものの、回復の兆しだ(厚労省調査より)。ましてや「学歴の最高峰」東大生ともなれば、推して知るべし。ほぼ全員が、官庁、有名企業に散らばると思いがち。ところが、どっこい。東大生という最高の武器を持ちながら、「内定ゼロ」という人も案外いる。晴れて4月から偏差値上位大学に入学する学生や、彼らを子に持ち「ウチの子は高学歴だから安心」と思い込んでいる親たちにとってみれば、冷水を浴びせられるような実態があるのだ。『内定とれない東大生』(扶桑社新書)の執筆陣のひとりで、自身も東大出身で、「就活中は長いこと内定がとれなかった」と言う扶桑社の金谷亜美氏に、「内定ゼロの東大生」の実像を聞いた。

金谷氏がリーダーを務めるプロジェクト「東大就職研究所」の調査によると、「12年卒の東大生192人に聞いたところ、3月時点でいまだに6人が内定ゼロ」だと言う。二流三流大学からしたら少ない数字だが、本来前途洋々のはずの東大生の進路が決まっていないことに驚く。いったいなぜ、どの会社にも受からないのか?

「私自身もそうでしたが、東大生はややこしい自意識を持つ人が多く、面接官に『使いづらい』という印象を与えてしまう場合があるようです」(金谷氏) 

たとえば、「東大生だけど、ガリ勉じゃない」と思われたいあまり、面接でいらんギャグを言い、スベりまくる。あるいは、「東大生だけどイヤミじゃない」ことをアピールしたいあまり、「バカを装って集団ディスカッションでコケる」といったイタイ行動をしてしまう。企業人事は、東大生にはストレートに東大生らしい「真面目で頭が良いという面」を求めるため、この奇をてらった行動がとみに大不評だと言う。 

>>2以降に続く)
http://biz-journal.jp/2012/05/post_107.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
TKY201305160276
1: ツシマヤマネコ(家) 2013/05/17(金) 06:45:08.87 ID:7oqPpgSVP BE:2589257849-PLT(12000) ポイント特典
http://www.asahi.com/edu/articles/TKY201305160278.html

【伊沢友之、岡林佐和】学生の就職活動がすすんでいます。学生たちは、はやい時期から準備をはじめ、学生生活の多く期間を就活にあてざるをえないのが実態のようです。そのために、いろんなゆがみもでているようです。就活に挑む学生たちの声を聞きにいきました。

■「人生終わった」

3月、大阪から深夜バスで到着した早朝の東京。人影もまばらな都心で高層ビル群を見上げた。「私はこのどこかで働くんだ」。未来の自分の姿を想像すると楽しかった。

それが暗転。同志社大学4年の女子学生は4月中旬、「人生は終わった」と感じた。有名大手企業ばかりを狙い、約50社を受けたが、内定は一つももらえなかった。

就職活動は早くから意識し、1年生で就業体験に応募、大学のキャリアセンターで進路相談もはじめた。バリバリ働く女性に憧れ、「働くなら絶対に東京」と思った。

昨年12月に就活が解禁されると、就職情報サイトに次々と登録。説明会やイベント案内のメールを大量に受け取った。商社など興味を持った業界や企業を調べるのは、新しい世界が広がるようだった。

選考がピークを迎えた4月上旬には、新幹線と深夜バスを駆使し、1日に東京と大阪で4社の面接をこなした。深夜バスで大阪に戻ったその足で、次の面接会場に向かったこともあった。食事を減らし、地下鉄数駅間を歩くなどして宿泊代や交通費を節約した。「社会人になったらこんな感じで動き回るのかな」。忙しさは充実感となって、酔っていたようだった。

だが、選考は思ったように進まなかった。

画像は就職情報大手マイナビのセミナー。就活はまだまだ続く

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング