職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

貴社

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
suite

1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/12(金)15:30:15 ID:Ckt
社会人になるまで知りませんでした…


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
040

1: シャム(catv?) 2013/06/08(土) 22:55:47.22 ID:NrZP9q0x0 BE:114768768-PLT(12000) ポイント特典
日本人にも日本語は難しいもの。特に敬語を正しく使いこなす自信のある人は、どのくらいいるでしょうか。そこで今回は、同じ意味なのに使い方がビミョーに異なる敬語をピックアップ。日本語のプロである日本語教師のT先生に解説していただきました。

●「御社」と「貴社」、「弊社」と「当社」違いはある?

──まず、「御社」と「貴社」について。両方とも相手の会社を指す敬語だと思うのですが、使い分けは必要なのでしょうか?

「まず、この文章の意味はわかりますか?

『きしゃのきしゃがきしゃできしゃした』

漢字で書くと、『貴社の記者が汽車で帰社した』となるわけですが、音で聞くとわかりづらいですよね。ですから、文書のときは『貴社』、口頭では『御社』を使うのが一般的です」

──なるほど! では「弊社」と「当社」はどうでしょうか。「弊社」の方がへりくだっている気がしますが……。

「そうですね。『弊社』は社外の人に対して使い、『当社』は社内の人同士で使うのが普通です。また、社外の人に強気な態度で臨むときは『当社』を使うこともありますよ」

──案内パンフレットなどに「当社は……」という文言を見かけることがありますね。
http://news.goo.ne.jp/article/mynaviwomen/life/mynaviwomen-104861.html

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング