職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

違う

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
216

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/11(土) 16:48:02.76 ID:kud4KBWi0
マジ


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/10/28(月) 10:28:46.82 ID:???0
アベノミクスが功を奏し、株価は民主党時代よりも高値をつけ、円安が進んだ結果、輸出企業は黒字を出している。しかし、非正規雇用者は相変わらず増加を続けている。

総務省の統計(速報)によると、非正規雇用の職員・従業員は2011年4~6月期で26万人。13年の同期では105万人となった。一方、正規の職員・従業員は11年4~6月期で58万人増加だったのに対し、13年同期ではマイナス53万人。

正規社員の減少によって、各企業における労働組合の影響力も低下。ある企業の労組幹部は「社員の減少で、組合員が減っているのはもとより、組合費が不足して活動も縮小している」と嘆く。

非正規社員も組合活動に参加すれば組合員の減少に歯止めが掛けられそうなものだが、別の企業労組幹部は「非正規社員に対する差別意識が正規社員にあり、受け入れられない」と話す。

「正規社員、特に就職氷河期を経て入社してきた社員は『自分は勝ち組。非正規社員とは違う』という歪んだ価値観がある。労組の影響力が低下すれば、団体交渉で成果は得られないと盛んに訴えているのだが……」と先の労組幹部。

実際、そのような差別感情はあるのだろうか。正規社員たちに話を聞いても「そんな意識はない」と否定するが、非正規社員の意見は異なる。

「非正規社員ということで、正社員からいじめに近い仕打ちを受けることは少なくない。食事をする際も正規職員と非正規職員が同じ席に着くことはない。グループも分かれ、同じ職場でも必要最低限の会話しかしない」と前述の社員と同じ企業に勤める非正規社員は話す。
 
http://yukan-news.ameba.jp/20131027-59/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/28(金) 22:51:43.68 ID:s8stwd800
金銭感覚以外にも、常識とか考え方とかマナーとか

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: スミロドン(WiMAX) 2013/06/21(金) 23:36:40.53 ID:3JwqTNXV0 BE:1926827993-PLT(12001) ポイント特典
「ウチは貧乏だから」と子どもに言えますか?

【藤川太】かつてはお給料を使うだけ使って、残った額を貯蓄しておけばそれでよかった時代もあったんですよ。右肩上がりで収入がどんどん増えていって、退職金ももらえて、貯蓄していれば金利で生活ができて……という状況なら、入ってくる以上のものを使わなければなんとかなったわけです。でもいまは収入が上がらない、もしくは下がっていくわけですから、何年後にこれだけお金が必要だというところから逆算して考えないと、「こんなはずでは……」ということになる。

【mucco】まず目標ありきということですね。

【藤川】そうですね。いくら貯めるかということも大事ですが、それで何をしたいのかという目的もあったほうがいい。それがあれば自分のことを「ケチなので」と誇りを持って言えるわけですよ。ただケチっているわけではなく、将来の目標のためにやっているんだと。私は「うちは貧乏だから」と子どもにしょっちゅう言っているんですね。

【mucco】「私、ケチだから」というのと似ていますね。

【藤川】そう、同じですよ。うちはうち、よそはよそ、ということです。やりたいことも、なりたいもの、みんな違うわけです。同じ会社にいたとしても、同じような給料をもらっていても、やりたいこと、見ていることは全然違う。家族も違う。だったら、「その人なりの普通」があっていいわけですよ。同じように、例えば飲み会に行かなくてもいいし、同じような服を着なくてもいいし、同じような車に乗らなくてもいい。それでケチだと言われても、別にいいじゃないですか。私も子どもから「お父さんはケチ」と言われてもまったく平気です。

http://president.jp/articles/-/9738

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング