職業ちゃんねる

世の中の様々な職業、就職、転職、資格などに関する2ちゃんねるのまとめブログです。

Sponsored Link

長い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
eigyou

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/26(日) 17:15:45.407 ID:f+UFvzgb0.net
今日でニート卒業して明日から仕事なんだけど職場まで1時間かかる?
これは長いのか短いのか


Sponsored Link
この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
bass

1: 名無しさん 2014/04/21(月)19:12:52 ID:Eb2QMq3Ky
スタジオミュージシャンとして15年
作家として10年やってる。
音楽事務所の丁稚奉公からプロデューサー、ディレクターとひと通りやった

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
illust3990

1: 風吹けば名無し 2013/11/19(火) 06:36:25.94 ID:SZ9pakaL
そろそろ家出なきゃ(絶望)

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
image137

1: 風吹けば名無し 2013/12/10(火) 23:16:46.61 ID:BLEzZ7Un
遠すぎィ!

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
images

1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/03(火) 18:44:29.24 ID:???0
労働時間長い人ほど「上司から評価」

内閣府が行った世論調査によりますと、労働時間が長い人ほど、残業をすることが上司から
評価されていると思うと答える人が多くなっています。

この世論調査は、内閣府がことし9月、仕事と家庭生活の両立を図る、いわゆる「ワーク・
ライフ・バランス」に関する国民の意識を把握するため行ったもので、20歳から59歳まで
の労働者3154人が回答しました。

それによりますと、「残業している部下を上司はどう評価していると思うか」という質問に対し、「頑張っている」と答えた人は、1日の労働時間が12時間以上の人で53%、
10時間未満では38%でした。

また、「残業している人を上司は『責任感が強い』と評価している」と思うと答えた人は、1日の労働時間が12時間以上の人で39%、10時間未満では30%となるなど、労働時間が
長い人ほど、残業をすることが上司から評価されていると思うと答える人が多くなっています。

内閣府の担当者は「長時間労働の状況は、上司がどう評価すると感じるかに影響されることが
把握できた。今回の結果を『ワーク・ライフ・バランス』の啓発活動に生かしていきたい」
としています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131203/k10013524881000.html

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
02l

1: グロリア(新疆ウイグル自治区) 2013/09/17(火) 17:54:00.39 ID:9tsBvHbUP BE:1384723744-PLT(12100) ポイント特典
今や男性の常識となっている身だしなみ。しかし、いくらケアしていてもポイントを押さえたケアでなければ、ただの自己満足。周りの女性は男性の思いもよらないところまでチェックしているのだ。この調査データを参考に女性が気にするツボを押さえて、男前を目指すべし!

80%の女性が、男性は「マユを整えたほうがいい」と感じており、マユのケアは身だしなみの重要なポイントになっている。長さ、太さだけでなく、左右のバランスや角度など、細部にわたって見られているので、自分にピッタリのマユのスタイルを見つけよう。

http://dime.jp/genre/files/2013/08/251.jpg
http://dime.jp/genre/files/2013/08/261.jpg
http://dime.jp/genre/102683/

この続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
034

1: ペルシャ(WiMAX) 2013/07/20(土) 10:47:09.35 ID:i6yPai+40 BE:2283648184-PLT(12001) ポイント特典
経済協力開発機構(OECD)によると、加盟国の年間労働時間の平均は1765時間で、日本はこれより少ない1745時間だという。加盟国34カ国のうち、最も労働時間が短いのはオランダの1381時間、われわれよりも年間364時間――つまり、まるまる16日間多く休暇を楽しんでいる計算になる。労働時間が少ない国の上位を占めたのは、欧州の国々。オランダをトップに、ドイツ、ノルウェー、フランスなどが続く。日本は20位で、米国(23位)の1790時間より少ない。最も多かったのはチリで、2226時間。韓国などデータがない国もある。

CNN Moneyの記事「世界で最も週の労働時間が短い国(原題 : World's shortest work weeks)」では、OECDの調査に基づき、各国の週単位での労働時間と年間平均所得を割り出している。トップのオランダは、週のうち29時間が労働時間で、平均所得は47000ドル(約470万円)。政府がワークライフバランスを奨励していることもあり、週4日労働がかなり定着しているとのことだ。2000年に成立した法の下で、労働者は労働時間をパートタイムに減らしても職を維持でき、保険などのメリットも享受できるように保証されているという。

2位はデンマークとノルウェーで、労働時間は週平均33時間と短い。年間所得はそれぞれ、デンマークが46000ドル(約460万円)、ノルウェーが44000ドル(約440万円)だという。デンマークもワークライフバランスが進んでおり、年間の有給休暇は最低5週間。デンマークは、欧州の国にしては珍しく解雇が簡単だが、政府は失業手当を最大2年間支給するなどサポートが手厚い。
4位はアイルランドで、労働は週34時間が平均、所得は年間51000ドル(510万円)という。アイルランドは労働時間が急速に減り、他の欧州諸国レベルになった国で、1983年には週44時間だったのが30年間で10時間減ったとのことだ。

5位以下10位までは、次のようになっている。オーストラリア以外は欧州諸国が独占した形だ。
ドイツ(週平均労働時間35時間、年間平均所得40000ドル)、スイス(同35時間、同50000ドル)、ベルギー(同35時間、44000ドル)、スウェーデン(同36時間、同38000ドル)、オーストラリア(同36時間、同45000ドル)、イタリア(同36時間、34000ドル)。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw695641?ver=video_harajuku

この続きを読む

このページのトップヘ

アクセスランキング